9:00~18:00
毎週水曜日 第2第4木曜日
2019年11月08日
ブログ

悪質な「あおり運転」は免許取り消し検討。京都市北区ミチテラス北大路駅北山駅鞍馬口駅の不動産管理会社航海記

ハンドルを握ったら美しく走れ!思いやりの運転が一番美しい。

つい数か月前まで連日報道されていた「あおり運転」。死亡事故が相次ぎ、警察庁が禁止行為を定義して、現行法では規定されていない「あおり運転」にあたる行為を、運転免許取消し処分を検討しています。2020年の通常国会に関連法案を提出する方針です。

「あおり運転」だけでない交通マナーの低下。

悪質な「あおり運転」によって相手が亡くなるようなことがあれば、これは殺人罪と言っても不思議ではないでしょう。現行の道路交通法では危険行為の「あおり運転」でも、法で定義されていないため、違反点数は車間距離保持義務違反で摘発した場合で、高速道路が2点、一般道で1点にとどまっているのが現状です。どうみても現状をみながら法が後を追ってる感が否めないですが、世のなか何が起こるか分からないので仕方がないのでしょうか。

私自身毎日運転しますが、とにかく昨今の運転マナーは悪くなっていると思います。特に思うのが「一時停止」。この標識があるのに一時停止(車輪が完全に停止した状態)しない車は非常に多いです。定期的に警察が取り締まりをしている場所では止まることが多いのですが、そのほかでは停止でなく一旦止まることもなく、ダラダラ徐行しながら進む運転手が多く感じます。見通しの悪いところで自転車で思いっきり左右から走ってきた自転車には、たとえ徐行でも対応できないのではないのでしょうか。それと横断歩道上での歩行者妨害や、右左折の際に直前まで指示器を出さない車をよく見かけます。起きてからでは遅い交通事故。被害者だけでなく加害者にも不幸がやってきます。思いやりの気持ちを持って運転しましょう。

この記事を書いた人
トラッド専務・社長の夫 充男 トラッドセンム・シャチョウノオット ミツオ
トラッド専務・社長の夫 充男
やるべきかやらざるべきか、大きな事案で本当に迷ったときは後悔しないように前向きな方向で進めています。正直なところ、これまで人生をやり直したいと思ったことが幾度かありました。だからこそ、今はそう思うことのないよう常に前向きに心がけています。営業エリアは京都市北部をメインにしていますが、京都以外の田舎の家の売買・賃貸・管理についてもご相談をお受けいたします。昭和の時代より不動産業界に携わっています。経験だけが全てではありませんが、業界歴30余年間に身につけた知恵・知識を活用出来ればと思います。
store

会社概要

株式会社 ミチテラス
arrow_upward