9:00~18:00
毎週水曜日 第2第4木曜日
2019年11月21日
オーナー様向け情報

礼金や敷金も不動産所得なの?京都市北区ミチテラス 北大路駅北山駅鞍馬口駅の不動産管理会社航海記

それは返還義務の有無で変わってきます。

不動産所得は収入から経費を引いた金額になります。地代・家賃の他、権利金や礼金あるいは更新料などが収入にあたります。借地上で家を建て直す場合、土地の貸主から承諾料を要求される場合がありますが、この承諾料も収入です。

共益費はどうなるの?収入として計上する日は?

収入は借主への返還義務が有るかどうかで判断されます。礼金の場合賃貸借契約を締結にするにあたり、借主が貸主に支払った一時金ですので、退去時に貸主は借主に返還する義務はありません。そのため収入になります。更新料・承諾料なども借主に返還されるものではないので収入と判断されます。敷金・保証金など退去時に返還されることになっているものは収入ではなく、預かり金として扱われます。ただし、その一部ないし全部を返還しない契約の場合その返還されない部分は収入となります。マンションなど共同住宅ではゴミ処理・清掃費など共益費を請求される場合が多いですが、この共益費も貸主の収入に含まれます。しかしながら、貸主が実際に支払った水道代や電気代については、当然、経費として処理することになります。また、収入として計上される日は、契約書や慣習などで支払い日が定められている場合はその支払い日となり、定められていない場合は、実際に支払いを受けた日となります。

この記事を書いた人
トラッド専務・社長の夫 充男 トラッドセンム・シャチョウノオット ミツオ
トラッド専務・社長の夫 充男
やるべきかやらざるべきか、大きな事案で本当に迷ったときは後悔しないように前向きな方向で進めています。正直なところ、これまで人生をやり直したいと思ったことが幾度かありました。だからこそ、今はそう思うことのないよう常に前向きに心がけています。営業エリアは京都市北部をメインにしていますが、京都以外の田舎の家の売買・賃貸・管理についてもご相談をお受けいたします。昭和の時代より不動産業界に携わっています。経験だけが全てではありませんが、業界歴30余年間に身につけた知恵・知識を活用出来ればと思います。
arrow_upward