9:00~18:00
毎週水曜日 第2第4木曜日
2019年11月29日
オーナー様向け情報

緊急時の巡回業務対策できてますか?京都市北区ミチテラス 不動産管理会社の航海記

最近頻発してる地震や台風・大雨の自然災害に対応できてますか?

台風や大雨、地震などの自然災害の後は、建物や建物内外の設備、敷地内に何らかの不具合が生じている可能性が高いので、災害が遠ざかった後、速やかに建物内外の調査・点検・確認を行いましょう。規模の大きい災害では、こちらから入居者さんに声かけすることも信頼関係につながります。

まずは目視で確認し入居者のライフラインを1番先に考えよう。

電気・ガス・水道、どれが被害を被っても入居者にとっては悲惨です。災害が原因だからといってすみやかに現地に行って対応しないと、入居者の皆さんからクレームがでてしまい退去の原因にもなってしまいます。まずは現地で目視による確認、入居者さんとの聞き取り調査などを行い、問題点が生じてる場合は安全確保、二次災害防止のために応急的な措置が必要です。特に落下物や倒壊のおそれのある危険な場所への立ち入り禁止の表示や、破損物の清掃撤去などを施したうえで、より抜本的な補修工事の手配をとりましょう。

目視で状況が分かり補修が終了したといっても、それですべて解決しているかどうかは分かりません。建物の基礎や壁、屋根などの確認は目視しづらいところです。特に壁の中や建物の下部を通る水まわり配管などは確認しづらく、すぐに不具合の症状が出ない場合があります。気が付いたときには大掛かりな工事を要するケースもでてきます。大規模災害の場合は今後のことも検討し、必要に応じて専門業者に調査確認の依頼をした方が、大切な建物の維持管理のためにはよいかもしれません。

 

この記事を書いた人
トラッド専務・社長の夫 充男 トラッドセンム・シャチョウノオット ミツオ
トラッド専務・社長の夫 充男
やるべきかやらざるべきか、大きな事案で本当に迷ったときは後悔しないように前向きな方向で進めています。正直なところ、これまで人生をやり直したいと思ったことが幾度かありました。だからこそ、今はそう思うことのないよう常に前向きに心がけています。営業エリアは京都市北部をメインにしていますが、京都以外の田舎の家の売買・賃貸・管理についてもご相談をお受けいたします。昭和の時代より不動産業界に携わっています。経験だけが全てではありませんが、業界歴30余年間に身につけた知恵・知識を活用出来ればと思います。
store

会社概要

株式会社 ミチテラス
arrow_upward