9:00~18:00
毎週水曜日 第2第4木曜日
2019年12月11日
大家さん向け情報

過ごしやすくて食事バランスも良く安心して快適な生活が可能な介護施設のデメリット?京都市北区北大路駅 不動産のミチテラス

こんな至れり尽くせりの介護施設を、合わないという人も実際にいるのですね。

それは、やはり普段と同じように生活をしたいということなのでしょうか。

人間としての尊厳、出来る限り一人でやり遂げることを

見守ってさしあげたいと思います。

満足過ぎることが不満足という人間の不思議

介護施設に入ることは、ご本人もご家族も安心することも多いと思います。

介護施設の中には介護士や理学療法士・作業療法士・看護師などが常駐しています。

また、定期的に医師を含む医療チームが

訪問診療を行ってくれる場合もあります。

外出が自由な施設もあり食事も栄養バランスが整っていて、

確かに独居で暮らすよりはるかに暮らしやすいはずなのですが、

合わないと感じる高齢者の方も、いらっしゃいます。

自宅と同じ生活が出来ないというデメリット。

要支援や要介護の度合いによってはデメリットと思う点について。

 

□運動量の低下

日常の生活と比べると、施設内での一日は運動量が減ります。

家のなかでしなければならないことは全て運動になります。

買い物に行ったり病院に行くことも、それ自体が良い運動です。

施設にもよりますが、日常の洗濯や掃除など全て施設側で

やってくれるところもあります。

 

□何も考えず、出来ないことの苦痛

女性の場合は、毎日行っていた買い物や炊事・洗濯などしなくて良いと言われて、

数日は楽かもしれないですが、

これらにより何も考えることがなくなるのは、

やがて苦痛でしかなくなります。

やる気を削がれてしまい只々時間を持て余してしまいます。

 

□毎日入浴が出来ない

介護保険法では週2回の入浴が定められ、

それ以外はオプションになります。

毎日の入浴を楽しみにしてる方も多いでしょう。

高齢者は毎日入浴をしない方が良いとも聞きますが、

入浴は心身ともにリフレッシュします。

私どもでお部屋のお世話して入居された80歳超えた方ですが、

軽い骨折をされ入院後施設に入られましたが、

やはり、上記のようなことで元の借家に帰ってこられました。

この間身内の方が親身に介護され、

大家さんにも事情を説明しずっと家賃を払っていたので、

その後問題なく入居されています。

この記事を書いた人
トラッド専務・社長の夫 充男 トラッドセンム・シャチョウノオット ミツオ
トラッド専務・社長の夫 充男
やるべきかやらざるべきか、大きな事案で本当に迷ったときは後悔しないように前向きな方向で進めています。正直なところ、これまで人生をやり直したいと思ったことが幾度かありました。だからこそ、今はそう思うことのないよう常に前向きに心がけています。営業エリアは京都市北部をメインにしていますが、京都以外の田舎の家の売買・賃貸・管理についてもご相談をお受けいたします。昭和の時代より不動産業界に携わっています。経験だけが全てではありませんが、業界歴30余年間に身につけた知恵・知識を活用出来ればと思います。
arrow_upward