9:00~18:00
毎週水曜日 第2第4木曜日
2019年12月29日
地域情報

吉田類の「酒場放浪記」新京極の「スタンド」

昨日BS放送での酒場放浪記 吉田類さんかなり酔っ払ってましたね。

そういう私も一人で7時半から家呑みで、酔っ払ってました。

類さんが、過去日本の酒場で気になっていた3店のうち、

1つだけ京都の居酒屋をあげていました。

新京極「スタンド」は確かに雰囲気のある良いお店です。

 

店内は昭和初期のビアホールです。

私自身がこのところあまり外呑みしないのですが、

依然は大阪の友人など誘ってよく行ってた居酒屋です。

入ったとたん、初めて来た友人はびっくり、やがて笑顔になります。

店内は昭和の戦前・戦後の雰囲気で、

私と同年代の友人たちは必ず喜んでくれます。

居酒屋というよりは・・・

類さんが言ってた食堂みたいと言うよりは・・・

ビアホールの雰囲気ですね。

今の若い人たちも気に入ってて、いつ行ってもお客さんでいっぱいです。

 

昼過ぎ入ってみると、アルコール抜きで定食を食べている人もいます。

両サイドに座れるカウンターは、一人で来たお客さんも

気兼ねなく呑むことができますね。

若いお姉さん方wが店内で気遣いしてくれてるので、

追加オーダーも頼みやすく、まったりとした

午後の昼呑みができます。

メニューも豊富で、〆には鶏ガラベースの中華そば風醤油ラーメン。

今どきのこってりラーメンと違い胃にもたれません。

 

こちらの創業者は東京から来て店を開いたと聞く。

確か、「キッチンゴン」や蕎麦の「かね井」など

美味しい店の主も東京方面から来たことを聞いたことがあります。

そんなことどうでもよいのだが、

久しぶりにあの雰囲気を味わいに行こうと考えてる年末でした。

 

新京極スタンドはここです。⇓

この記事を書いた人
トラッド専務・社長の夫 充男 トラッドセンム・シャチョウノオット ミツオ
トラッド専務・社長の夫 充男
やるべきかやらざるべきか、大きな事案で本当に迷ったときは後悔しないように前向きな方向で進めています。正直なところ、これまで人生をやり直したいと思ったことが幾度かありました。だからこそ、今はそう思うことのないよう常に前向きに心がけています。営業エリアは京都市北部をメインにしていますが、京都以外の田舎の家の売買・賃貸・管理についてもご相談をお受けいたします。昭和の時代より不動産業界に携わっています。経験だけが全てではありませんが、業界歴30余年間に身につけた知恵・知識を活用出来ればと思います。
arrow_upward