9:00~18:00
毎週水曜日 第2第4木曜日
2019年12月30日
地域情報

年末年始は空き巣に狙われやすいので充分注意しよう!

家を留守にする機会の多い年末年始。「空き巣狙い」だってよく分かっています。

帰省や旅行に行き、家を留守にする日が数日間に渡る日もあります。

普段と違い、空き巣にとっても盗む品定めに充分な時間がありますw。

防犯対策はどうしたら良いの?

⬜︎ゴミ出しのわずかな時間でも施錠する。無施錠の空き巣被害が続出。

⬜︎窓からの侵入が一番多いので、窓のセキュリティを十分過ぎるほどする。

 (防犯アラームや補助錠を設置し侵入を撃退する)

⬜︎次に多い玄関の錠は2つ以上あるのが望ましい。

⬜︎郵便物や新聞は一時的に停止して郵便物を溜めない。

⬜︎ベランダなどの洗濯物は必ず全て取り込んでおく。

⬜︎万一のため固定電話を携帯に転送し、在宅と思わせる。

⬜︎窓の防犯対策は充分にする。

⬜︎犬を飼ったりセンサーライトを設置する。

⬜︎防犯カメラの設置。

⬜︎庭や通路に音のなりやすい玉砂利を敷く。

⬜︎旅行先や帰省先でのSNSには十分注意し、投稿は帰宅してからにする。

狙われやすい家ってあるの?

当然ながらマンションより戸建て住宅の方が狙われやすいですね。

マンションでは居住者のたくさんの目が見張ってますし、侵入口が限られてます。

狙われやすい戸建て住宅の特徴として

・人通りが少なくいわゆる閑静な住宅地。

・庭を囲んでいるフェンスが高い。

・死角が多い。

・空き巣は事前に下見するので、下見しやすい角地などの家。

・外から見通しの悪いベランダがある家。

・広い道路に面していない旗竿地に建つ死角の多い家。

 

実は当社の事務所は賃貸物件ですが、例年シャッターに張ってる年末年始の

お知らせは、以上の理由で今年からやめました。

まあ入っても高価なものは何もないから大丈夫ですがw。

この記事を書いた人
トラッド専務・社長の夫 充男 トラッドセンム・シャチョウノオット ミツオ
トラッド専務・社長の夫 充男
やるべきかやらざるべきか、大きな事案で本当に迷ったときは後悔しないように前向きな方向で進めています。正直なところ、これまで人生をやり直したいと思ったことが幾度かありました。だからこそ、今はそう思うことのないよう常に前向きに心がけています。営業エリアは京都市北部をメインにしていますが、京都以外の田舎の家の売買・賃貸・管理についてもご相談をお受けいたします。昭和の時代より不動産業界に携わっています。経験だけが全てではありませんが、業界歴30余年間に身につけた知恵・知識を活用出来ればと思います。
arrow_upward