9:00~18:00
毎週水曜日 第2第4木曜日
2019年08月09日
トラッド専務のブログ

三重県相差の素敵な民宿に泊まり、伊勢・志摩・鳥羽の夏を楽しんで来ました。(その1) 京都市北区北大路駅 不動産のミチテラス

7・8日を利用して伊勢・志摩・鳥羽の夏を楽しんで来ました。

お伊勢参りをしたのは20年以上前のことで、すっかり雰囲気が変わっていました。

でも、いつ来ても日本人の心の拠り所だなあと感じました。 

本当は1年に1度参拝したいけど・・・。

気温35度越えの平日にも関わらず、

伊勢神宮には日本全国から多くの善男善女が参拝に来られ

鳥居前町の「おはらい町」や「おかげ横丁」のグルメ・お土産屋さんは

巷のシャッター街とは大違い、盛大な賑わいを見せていました。

外宮から内宮を回り、民宿による途中に二見ヶ浦の夫婦岩に寄ったのですが、

実は最初に夫婦岩のある二見興玉神社で禊をしてから

外宮・内宮を参拝するのが慣習とのことでした。

昼食は外宮から内宮に行く道沿いの「起矢食堂」さんで、

消化の良い「伊勢うどん月見山かけ」を食しました。

民宿の夕食のメニューがすごい量と聞いていたので、

お腹すかせていかないととても太刀打ちできないからです。

リニューアルされた民宿で、沢山の海の幸を舌鼓!

私の若い頃は(今も若いですがW)

海辺の民宿と言えば、畳部屋での雑魚寝・共同トイレの

イメージがあったのですが、今の民宿は外観こそそれ程変わらないが

館内は小さなホテルです。通路にも冷房完備があり快適です。

料理目当ての旅行なら泊まるのは絶対民宿。鮮度が違います。

男風呂・女風呂とは別に家族風呂というかカップル風呂というか

可愛いいお風呂が二つありました。

私は勿論・・・その手のお風呂は入りません。

夕食は思ってたとおり凄い量でした。

鯛とヒラメの船盛りに伊勢海老と鮑各一匹もののお刺身、

カサゴの煮つけ、伊勢海老のタルタル焼き、天ぷら他海の幸が

てんこ盛り。残念ながら食べきられませんでした。

部屋は和洋折衷で、和式ベッドで熟睡することができました。

相差は民宿が多く激戦区のようですが、

どちらの宿もアイデアを出し合い頑張っています。

 

この記事を書いた人
トラッド専務・社長の夫 充男 トラッドセンム・シャチョウノオット ミツオ
トラッド専務・社長の夫 充男
やるべきかやらざるべきか、大きな事案で本当に迷ったときは後悔しないように前向きな方向で進めています。正直なところ、これまで人生をやり直したいと思ったことが幾度かありました。だからこそ、今はそう思うことのないよう常に前向きに心がけています。営業エリアは京都市北部をメインにしていますが、京都以外の田舎の家の売買・賃貸・管理についてもご相談をお受けいたします。昭和の時代より不動産業界に携わっています。経験だけが全てではありませんが、業界歴30余年間に身につけた知恵・知識を活用出来ればと思います。
arrow_upward