9:00~18:00
毎週水曜日 第2第4木曜日
2020年02月08日
トラッド専務のブログ

先日お伝えした新型コロナウィルス予防マスクの使い方について一部修正いたします  京都市北区北大路駅 不動産のミチテラス

先日私が発信したマスクの表裏について、お問合せ欄よりご指摘をいただきました。

私が使ってるマスクは、ヒモがついてる方を裏側(装着面)にする様に

記載されていたので、そのように発信しましたが逆だとのことです。

でも、これは私もご指摘者様も正解であり、両者間違っていました。

マスクはメーカーで作り方が多種多様です。表裏判別はヒモのつけねではなくプリーツ部分を見たほうが良い!

他のマスクで確認しようと、ドラッグストアやその他の店に

買い求めに行きましたが、どこに行っても売切れてました。

そこで私なりに調べたことですが、ひものつけねで表裏の

判断をするのではなく、プリーツの形状から判断する方が理にかなってます。

装着した際にプリーツのヒダが下を向いてる方が表側です。

私の使用しているマスクでヒモがついてる方を表側にすると

プリーツのヒダが上向きになりプリーツの段差部分に

空気中の細かいホコリやゴミがたまります。

または開封したとき、ひもを折りたたんでる方が裏側が多いですね。

簡単にいえばマスクを製造する際、

このようにして作りなさいという法律や規則などありません。

人は全く同じ顔をしていることはないし、耳の位置や頬骨の出具合、

鼻の形も違ってるので同じマスクでもフィット感が違うでしょう。

スーツのようにオーダーメイドできれば良いのですが、

消費者はたくさん必要とするので、これはコスト的に難しい。

メーカーは平均値をとっているのでしょうか。

表裏を見極める際は装着した際のプリーツの状態を確認しましょう。

投稿者様は「テレビで医療関係者が言ってたから」それが正解だなんて。

いくらなんでも、微笑ましくて少し笑ってしまいましたが.....

今どきのテレビの情報では疑問を感じることが多く

疑問だなと思う際に私は自分なりに下調べします。

過去・現在において、テレビ・新聞・週刊誌などのメディアで誤報やヤラセ記事は

数えられないほどあります。

今回、別の意見を聞き、大変参考になりましたが

残念なことには、お問合せ欄の必須項目には何ら記入もないことです。

これでは一方通行になり、ご指摘部分にも間違いがあったことを伝えられません。

やはり、お問合せの場合は姓名・連絡先などご記入の上ご連絡ください。

そうでない場合、私を含めブログ主さんの多くはスルーしております。

この記事を書いた人
トラッド専務・社長の夫 充男 トラッドセンム・シャチョウノオット ミツオ
トラッド専務・社長の夫 充男
やるべきかやらざるべきか、大きな事案で本当に迷ったときは後悔しないように前向きな方向で進めています。正直なところ、これまで人生をやり直したいと思ったことが幾度かありました。だからこそ、今はそう思うことのないよう常に前向きに心がけています。営業エリアは京都市北部をメインにしていますが、京都以外の田舎の家の売買・賃貸・管理についてもご相談をお受けいたします。昭和の時代より不動産業界に携わっています。経験だけが全てではありませんが、業界歴30余年間に身につけた知恵・知識を活用出来ればと思います。
arrow_upward