9:00~18:00
毎週水曜日 第2第4木曜日
2020年03月02日
トラッド専務のブログ

マスクが無くてもトイレットペーパーが無くても、思いやりがあれば困りはしないよ! 京都市北区北大路駅 不動産のミチテラス

電車に乗ると、乗客のうち半数以上が

マスクをつけています。

至近距離に人がいるので感染予防には

なるのでしょうか。

ただ、なぜトイレットペーパーが売り切れて

在庫がなくなるのかわからない。

オイルショック時の復習をしましょう。

あなたがストックとして過剰に買うと、本当に必要な人が一時的に困ってしまうという事実を知ろう!

自分さえ良ければいいのでしょうか。ありも

しないデマを信じてか、東奔西走して

トイレットペーパーを買い漁る人たちが

いるそうです。そのうちティッシュペーパーや

洗剤・砂糖にまで飛び火するのでしょうか。

 

知らない方も多いでしょうが今から45年余り

前、大阪千里ニュータウンのあるお店から

勃発した「トイレットペーパー騒動」という

事件がありました。当時、中東の原油産油国が

原油価格70%引き上げを決定したため、

政府が紙節約を呼びかけ、それに追随した

新聞社や他のマスメディアが、原油価格の

高騰により紙が本当に無くなるかもとの情報を

発進し、消費者が集団心理から来る大パニック

を起こした経緯がありました。

しかしながら、実際は「大山鳴動して鼠一匹」

この当時、日本の紙生産量は安定しており、

この流言飛語が全国的に広まるまでほとんど

状況が、変わってなかったとのことです。

結果どこの家を訪ねても、トイレットペーパー

が山積みされていたのを覚えています。

ただ、この当時を振り返ってみると仕方がない

面もあると思うことには、絶対的な情報不足で

あったことだと思います。

新聞・テレビ・ラジオの情報を聞きながら、

ご近所の人たちと共に不安に駆られ買いだめに

走った心理は同情の余地があります。

今回のトイレット騒動については、

原材料が中国産だからとか、

中国で生産されたものを輸入しているから

品薄や品切れになるとデマを流していますが、

トイレットペーパーの原料は国産品で

生産量の98%は日本国内で生産しています。

冷静な対応をいたしましょう。

この記事を書いた人
トラッド専務・社長の夫 充男 トラッドセンム・シャチョウノオット ミツオ
トラッド専務・社長の夫 充男
やるべきかやらざるべきか、大きな事案で本当に迷ったときは後悔しないように前向きな方向で進めています。正直なところ、これまで人生をやり直したいと思ったことが幾度かありました。だからこそ、今はそう思うことのないよう常に前向きに心がけています。営業エリアは京都市北部をメインにしていますが、京都以外の田舎の家の売買・賃貸・管理についてもご相談をお受けいたします。昭和の時代より不動産業界に携わっています。経験だけが全てではありませんが、業界歴30余年間に身につけた知恵・知識を活用出来ればと思います。
store

会社概要

株式会社 ミチテラス
arrow_upward