9:00~18:00
毎週水曜日 第2第4木曜日
2020年03月04日
トラッド専務のブログ

利用者と濃厚接触が必要となる「介護施設の送迎ドライバー」のコロナウイルス憂鬱  京都市北区北大路駅 不動産のミチテラス

東京都内の「介護老人保健施設」に勤務する

送迎ドライバーが感染したとのことです。

運転だけが仕事の送迎ドライバーもいますが、

介護職員が送迎ドライバーも兼ねると、

利用者の自宅の玄関先まで行って

送迎車に乗せるという緊張感のある仕事です。

もちろん、介護施設・事業所内での介護職員さんも、濃厚接触のため大変です

送迎車に乗せる前に検温を徹底して行なって

いると思うが、発熱のある利用者を事業所に

連れて行くことはできないはずです。

デイサービスなど通所系の事業所は利用者の

大部分が送迎車を利用していますね。

家族が送り届けている例もあるでしょうが、

それほど多くはないと思います。

都市部では事情的になおさら難しいでしょう。

送迎車のドライバーは通所系の事業所の要とも

いえるので、彼らの安全をどう守ればよいのか

介護業界は難しい問題の対応に迫られています

感染しないよう即座に対応している施設も多いです!

この新型コロナウイルスに感染しやすい世代に

ついては高齢者が感染しやすいのではないかと

いわれているようですね。

今までの例では、比較的に若い年代層に

ついては症状が軽いことが多いようで、

最初に日本で感染が確認された30代の男性も、

早い段階で完治されたとの情報が

入っているとのことです。

しかし高齢者の場合罹ると肺炎を起こすことも

多く一気に低酸素状態になって、

各臓器に酸素が送られなくなり臓器不全を

起こして亡くなってしまうことが多いので

要注意です。

現在、利用者と接する介護職員だけでなく

事務職などの職員も各自出勤前に体温を計測し

発熱等の症状がある場合は出勤しないように

しているそうです。

また、面会の制限、各取引業者からの物品の

受け渡しは玄関など限られた場所で行ったり、

どうしても施設内に立ち入る要件の場合には

体温計測してからの結果により判別していると

いうことです。

あと、もう少しの辛抱だと思います。

皆さんの知恵と力を出して乗り切りましょう。

この記事を書いた人
トラッド専務・社長の夫 充男 トラッドセンム・シャチョウノオット ミツオ
トラッド専務・社長の夫 充男
やるべきかやらざるべきか、大きな事案で本当に迷ったときは後悔しないように前向きな方向で進めています。正直なところ、これまで人生をやり直したいと思ったことが幾度かありました。だからこそ、今はそう思うことのないよう常に前向きに心がけています。営業エリアは京都市北部をメインにしていますが、京都以外の田舎の家の売買・賃貸・管理についてもご相談をお受けいたします。昭和の時代より不動産業界に携わっています。経験だけが全てではありませんが、業界歴30余年間に身につけた知恵・知識を活用出来ればと思います。
arrow_upward