9:00~18:00
毎週水曜日 第2第4木曜日
2020年04月19日
暮らしに役立つ情報

隣の桜の木が越境!春は奇麗だが後が大変 京都市北区北大路駅 不動産のミチテラス

戸建の借家に住んでいると、

隣家の庭木の枝が大きく伸びて日当たりが悪くなったり、

落葉時には掃除が大変だったりしませんか?

切りたくても燐家の所有物だから勝手に伐採するわけにはいきません。

あなたならどう対処しますか。

改正民法では、隣から越境した樹木の枝を借主が直接切除請求できます

隣地同士のことなので、家主さんに頼んでもあまりいい顔してくれず、

簡単に動いてくれないことも多いようです。

管理会社が管理していれば一番良いのですが、

戸建住宅の場合、管理会社も入退去更新のみの管理契約なら、

動けないこともあるでしょう。

改正前の民法では越境した樹木の切除を請求できるのは、

越境された土地の所有者だけで

借地人や借家人が請求できるか否かは明文化されていませんでした。

これは樹木だけでなく建物や塀が越境した場合も同様で、

これまでの民法のもとでの判例では、

登記した賃借権や土地上に登記した建物のある賃借権、引渡を受けた借家権など

対抗要件を備えた賃貸借については、

賃借人に占有妨害排除を請求する権利を認めてきました。

改正民法はこの判例の立場を明文化し規定しました。

今後は越境した樹木の枝の切除は借主側からでも直接請求できます。

この規定は妨害している第三者に対する妨害停止請求と

占有の返還請求について、対抗要件を備えた賃借人に認めたものです。

ただし、建物や塀が崩れて来そうな場合の妨害予防の請求については

明文化されていません。

 

不法行為の可能性がありますので、

くれぐれも勝手に切らないようにしましょう

でも、土地に侵入してきた根は承諾なしで切除できます。

ただし、権利の濫用にならないようご注意ください。

この記事を書いた人
トラッド専務・社長の夫 充男 トラッドセンム・シャチョウノオット ミツオ
トラッド専務・社長の夫 充男
やるべきかやらざるべきか、大きな事案で本当に迷ったときは後悔しないように前向きな方向で進めています。正直なところ、これまで人生をやり直したいと思ったことが幾度かありました。だからこそ、今はそう思うことのないよう常に前向きに心がけています。営業エリアは京都市北部をメインにしていますが、京都以外の田舎の家の売買・賃貸・管理についてもご相談をお受けいたします。昭和の時代より不動産業界に携わっています。経験だけが全てではありませんが、業界歴30余年間に身につけた知恵・知識を活用出来ればと思います。
arrow_upward