9:00~18:00
毎週水曜日 第2第4木曜日
2020年04月29日
トラッド専務のブログ

あなたはベッド派 それとも布団派?   京都市北区北大路駅 不動産のミチテラス

衣食住全ての生活に欧米化が進んでる現在ですが、

住まいのなかでの大切な睡眠.....。

あなたは「布団」と「ベッド」のどちらでおやすみでしょうか。

東京ガス都市生活研究所の調査では2014年以降ベッド派が多くなっています。

子どもの頃ベッドで寝る人は大金持ちだと思ってたよ

昔はベッドといえば高嶺の花のように思ってました。

ベッドの3Sといえば、シーリー・シモンズ・サータ。

この辺になるとさすがに高額の花ですが、

今ではニトリに行けば1万円台から売ってますね。

 

平成直後の1990年ではまだ断然布団派が多く、

およそ75%(4分の3)の人が布団で寝ていました。

このころから戸建て住宅やマンションなどでも洋間が増え、

畳敷きからフローリング仕上げの床が増えるにつれ、

現在はベッド派が逆転しているようです。

また、単身者マンションでも同じように畳の部屋が敬遠され

和室が洋間にリフォームされていくと

必然的にベッドを利用するようになっているのでしょうか。

ベッドを置きたいが部屋が狭くなる、

布団の方が安心して寝られるが、朝晩毎日手間がかかると思う方

双方のメリット・デメリットを調べておきましょう。

ベッドを使うメリットとデメリット

メリット

・布団を片付けなくてよい

・ベッド下を収納スペースに活用できる

・布団より柔らかく腰に負担がかかりにくい

・床の埃を吸いにくく清潔

・すぐ横になれる

・お洒落なインテリア効果がある

デメリット

・部屋が狭くなる

・慣れないと落下のおそれがある

・初期費用に高額な負担がかかる

・単身者など生活がだらけやすい

布団のメリットとデメリット

メリット

・部屋のスペースに余裕ができる

・部屋の掃除がしやすい

・布団の天日干しができ清潔

・落下することなく安心である

・布団の上げ下げで生活にメリハリがでる

デメリット

・毎日の布団の上げ下げが負担になる

・床に直接なので埃を吸いやすい

・冬季には寒さを感じる

・布団だけだと固くて腰に負担がかかる

部屋のスペースとお金に余裕があればベッド     シンプルライフおくるなら布団に勝てません。

高齢者の方たちもベッド派の方が増えているようですね。

これは上げ下げの手間がかからず、

何よりも就寝時や起床時の寝起きの際の動作がものすごく楽で、

足腰を痛めにくいです。

介護の実務研修を受けたときに、

布団からどのようにして起きるか実際にみんなでやったことがあります。

今年大学を卒業する男性は、手もつかず腹筋の力だけで起きてましたが、

私たち中高齢者は横になり布団に手をついて支えながら起き、

その際知らぬうちに腰に負担がかかっているようです。

その点ベッドだったら

一旦床に足をつけて起き上がることができ、非常に楽ですね。

この勝負ベッドに軍配が上がりそうだが

和室で寝る布団の醍醐味に勝てるでしょうか。

arrow_upward