9:00~18:00
毎週水曜日 第2第4木曜日
2020年05月03日
社会の出来事

「レムデシビル」は新型コロナウイルスの特効薬となり得るか⁉ 京都市北区北大路駅 不動産のミチテラス

新型コロナウイルスの治療薬として有望視されている、

米製薬大手ギリアド・サイエンシズの「レムデシビル」について、

厚労省は「特別承認」と呼ばれる制度で早期の承認を行う手続きに入り、

2日に必要な政令の改正が行われました。

今後早ければ1週間程度の早期承認を目指しています。

特別承認後国内初の新型コロナウイルスの治療薬に!

日米でも新型コロナウイルスの治療薬として、

米医薬大手ギリアド・サイエンシズ社の「レムデシビル」の使用が始まります。

「レムデシベル」は過去に起きたウイルス感染症

「エボラ出血熱」の治療薬として海外で開発が進められ、

新型コロナウイルスにも効果が期待できるとされています。

米国では治療薬の開発で先陣を切るため官民が連携し、

臨床試験(治験)の開始から2カ月あまりという

異例のスピードで認可されました。

今後、新型コロナ治療薬の有望候補として

幅広く使われることになる見通しですが、

増え続ける感染者に対し「レムデシベル」は流通量に限りがあるため、

日本への安定供給するのがしばらくは難しいようです。

特別承認後、ギリアド社は当面日本に薬を無償で提供し、

この間、保険適用の申請はしない見通しとのこと。

現在、新型コロナ感染症の入院治療は公費で補助されているので、

保険適用の可否に関係なく、患者の負担は生じません。

また、日本が開発した抗インフルエンザ薬「アビガン」

同様に症状改善に効果があったとされ、承認を急ぐとのことです。

この記事を書いた人
トラッド専務・社長の夫 充男 トラッドセンム・シャチョウノオット ミツオ
トラッド専務・社長の夫 充男
やるべきかやらざるべきか、大きな事案で本当に迷ったときは後悔しないように前向きな方向で進めています。正直なところ、これまで人生をやり直したいと思ったことが幾度かありました。だからこそ、今はそう思うことのないよう常に前向きに心がけています。営業エリアは京都市北部をメインにしていますが、京都以外の田舎の家の売買・賃貸・管理についてもご相談をお受けいたします。昭和の時代より不動産業界に携わっています。経験だけが全てではありませんが、業界歴30余年間に身につけた知恵・知識を活用出来ればと思います。
arrow_upward