9:00~18:00
毎週水曜日 第2第4木曜日
2020年05月08日
オーナー様向け情報

保証会社と連帯保証人 両方が必要な理由 京都市北区北大路駅 不動産のミチテラス

ずっと以前は賃貸住宅を借りる場合、

連帯保証人をつけるのが一般的でした。

やがて保証会社が連帯保証人の役割を果たしてきましたが、

現在では保証会社の加入が必須なうえに、

連帯保証人を求める物件が多くなりました。

保証会社の役割

保証会社の役割としては、基本的な面では連帯保証人と変わりません。

契約者が家賃を滞納した場合、

保証会社が賃貸住宅の大家さんに家賃を立て替えて支払います。

現在保証会社は口座引き落としシステムを使っているので、

お金の流れとしては、保証会社が契約者の口座から引き落とし、

それを大家さんや管理会社に送金します。

この際、契約者の口座が残高不足で引き落としができなかった場合でも

保証会社が大家さん側に家賃を送金し、

代わって督促もしてくれるので、大家さんとしては安心です。

連帯保証人の役割

契約者が家賃を支払わなかったときや、

大家さんに金銭的なトラブルを生じさせた時など、

契約者に代わって支払いをする立場の人です。

この場合、単なる保証人でしたら、

いきなり請求されることはなく、

まず契約者に督促しなければなりませんが、

連帯保証人の場合滞納が発生すると、

即座に大家さんや管理会社に請求されることになります。

保証会社と連帯保証人両方が必要になると入居のハードルが高くならないか!

では、なぜどちらにも家賃督促ができるのに、

保証会社と連帯保証人2者の保証が必要なのでしょうか。

保証会社を利用すると、家賃1ヵ月分程度の費用が発生して

契約者に金銭的負担がかかります。

また、連帯保証人を利用するにしても親が高齢で保証能力がなかったり、

兄弟といえどもなかなか頼みにくいもので、

契約者は入居のハードルが高くなり、

大家さんとしても空室が増える昨今、決して得策でないようにも感じます。

ただ、そこでトラブルの多い契約者なら空室の方がいいと思う

大家さんが非常に多いという事実です。

両者の役割は似て異なる

まず、保証会社の方は家賃や更新料などの

金銭債務を確実スピーディーに回収し、

大家さんは家賃の支払いが遅れる人たちに

督促することもなく、心身ともに負担が軽くなります。

また、保証会社が入ることにより、

連帯保証人の金銭的心理負担が軽減し、

契約者も万一家賃の支払いが遅れた場合でも

即座に身内に迷惑がかかることが少なくなります。

それに個人である連帯保証人より

法人である保証会社では保証能力が違います。

但し、保証会社は金銭以外のトラブルについての責任は負いませんので、

共同住宅内での生活上のトラブルなどは

連帯保証人が負うことになります。

そのために身内などの連帯保証人が必要になり、

契約者が他の住民に迷惑を及ぼすような行為の際には、

連帯保証人を通じて本人に注意することができ、

連帯保証人はは協力して対処する必要があります。

 

賃貸経営において、

借主の滞納は投資回収の大きな妨げになります。

また、室内に家具・電化製品などの動産を置いて失踪したり

孤独死などがあると、身内の連帯保証人がいないと後の処理が大変です。

日本では宅地建物取引業法や

さらに借主側を徹底して保護する借地借家法などがあり、

立ち退きの際に裁判所などを経由して相当の時間を要します。

その点を考慮すると、面倒なことに巻き込まれたくない大家さんは

今後ダブル保証ができない場合は契約をしないことも選択肢です。

また、契約者側もダブル保証物件に疑問があり

納得がいかないという場合は、あえて無理することはせず、

ご自分にあった物件を探し、気持ちの良い契約を致しましょう。

 

この記事を書いた人
トラッド専務・社長の夫 充男 トラッドセンム・シャチョウノオット ミツオ
トラッド専務・社長の夫 充男
やるべきかやらざるべきか、大きな事案で本当に迷ったときは後悔しないように前向きな方向で進めています。正直なところ、これまで人生をやり直したいと思ったことが幾度かありました。だからこそ、今はそう思うことのないよう常に前向きに心がけています。営業エリアは京都市北部をメインにしていますが、京都以外の田舎の家の売買・賃貸・管理についてもご相談をお受けいたします。昭和の時代より不動産業界に携わっています。経験だけが全てではありませんが、業界歴30余年間に身につけた知恵・知識を活用出来ればと思います。
store

会社概要

株式会社 ミチテラス
arrow_upward