9:00~18:00
毎週水曜日 第2第4木曜日
2020年05月15日
京都の地域情報

「特定定額給付金10万円」の申請手続きはオンライン申請も郵送申請も気をつけよう!京都市北区北大路駅 不動産のミチテラス

新型コロナ対策として、1人10万円を配る

「特別定額給付金」の申請方法を巡り、

オンラインでの申請内容に不備が続出し、

国が推奨するオンラインではなく、

郵送で行うよう呼び掛ける自治体が相次いでいます

但し、郵送申請にも誤りが多いようです。

マイナンバーカードによるオンライン申請での不備

この給付金申請前に「マイナンバーカード」の

交付申請された方が多かったようですね。

但しマイナンバーカードによるオンライン申請内容に不備が続出し、

確認作業が重荷になって逆に給付金が手許に届くのが

遅れることが予測されるかもしれないようです。

オンラインでは本人確認書類の添付が不要で、

入力も短時間で済む利点があり所管する総務省では

早期の実現のため、カード保有者に利用を促している。

但し、受付手続きを行う自治体側では既に多くの不備が見つかり、

給付金を受け取れる世帯主以外の申請や振込口座の名義が異なるケースが続出し、

住民基本台帳上の世帯主と、実際に家計を担っている人が異なる家庭もあり

申請時に判断が難しい場合も多いようです。

マイナンバーカードでオンライン申請といっても、

初めての経験の人ばかりで手違いが多いのはよく分かるし、

いくらコンピューターで申請したところで、

内容は書面と同じように担当者が確認していくのだから、

それ程オンライン申請が早く処理できるとは思いません。

郵送申請は「給付対象者」の右欄にチェックをすると、給付金を希望しないことになるのでご注意を!

郵送申請についても気をつけておきたいところがあります。

問題は、申請書の表面にある「給付対象者」の部分で、

名前欄の右側に

「給付金の受給を希望されない方はチェック欄に×印をご記入ください」

という項目があります。

受給を希望する方は絶対にチェックをしないでください!

この項目を「給付金の受給を希望する方」のチェックと勘違いし、

誤って印を記入してしまうケースが多発しているとのことです。

実際に既に申請書が送付されてきている自治体では、

チェックが入っている場合、電話連絡してみると勘違いだったということでした。

オンライン申請は情報漏洩に注意しましょう

京都新聞社では、同社のウェブサイトになりすました

偽サイトが見つかったと発表しています。

この偽サイトは見た目はよく似ているが、

京都新聞社とは関係がなく、

京都新聞社の正しいURLはwww.kyoto-np.co.jpです。

京都新聞社ではブラウザーのアドレス欄で

URLが正しいかを確認するよう利用者に呼びかけています。

とにかく今回は郵送申請が一番迅速に支給されるのではないでしょうか。

この記事を書いた人
トラッド専務・社長の夫 充男 トラッドセンム・シャチョウノオット ミツオ
トラッド専務・社長の夫 充男
やるべきかやらざるべきか、大きな事案で本当に迷ったときは後悔しないように前向きな方向で進めています。正直なところ、これまで人生をやり直したいと思ったことが幾度かありました。だからこそ、今はそう思うことのないよう常に前向きに心がけています。営業エリアは京都市北部をメインにしていますが、京都以外の田舎の家の売買・賃貸・管理についてもご相談をお受けいたします。昭和の時代より不動産業界に携わっています。経験だけが全てではありませんが、業界歴30余年間に身につけた知恵・知識を活用出来ればと思います。
arrow_upward