9:00~18:00
毎週水曜日 第2第4木曜日
2020年05月31日
トラッド専務のブログ

家庭でのコロナウイルス感染防止の換気対策京都市北区北大路駅 不動産のミチテラス

コロナウイルス感染も少しずつ収束に向かいつつありますが、

まだまだ第2波第3波が予測され、

クラスターが発生すると一気に4月中旬のころに戻ってしまいます。

コロナ予防策の一つ、家庭での「換気の悪い密閉空間」対策を心がけてみましょう。

換気について知っておきましょう

よく勘違いされている方がいますが、

エアコンでは室内の換気はできません。

エアコンは室内の空気を取り込んで、

その空気を冷たくして冷房したり、暖かくして暖房にすることを

繰り返して室内に戻すことで、

室内の温度を調整し快適な環境に作り上げているものです。

そのため、エアコン以外の方法で室内を換気する必要があります。

なお、2003年7月の建築基準法改正により、

当時問題となったシックハウス症候群対策として

24時間換気システムの設置が義務付けられ、

これ以降の建物には換気をする装置(24時間換気システム)が設置されています。

換気とは室内の空気と外の空気を入れ換えることで、

室内の空気中にある汚染物資を室外に排出することが期待できます。

室内の汚染物資としては二酸化炭素・一酸化炭素・ホルムアルデヒド・

ハウスダスト・花粉・細菌・ウイルスなどが考えられます。

ただし、せっかくの24時間換気システムも正しく使われてないことが多く、

また、当社の所在する京都市北区では古い住宅が多いため、

このようなシステムを装備している住宅は

まだ半数もないと思います。

「空気で答えを出す会社」のHPをお借りしました

ここからは正確な情報を発信させるため

換気事業において世界第1位のシェアを誇るダイキン工業株式会社様の

ホームページを参考にお知らせいたします。

ちなみに拙宅ではダイキン製エアコンや空気清浄機を使ってますが、

これまで故障が一度もありません。

今すでにある24時間換気システムを正しく使いましょう

あなたの住んでいる家やマンションが2003年7月より後の建物であれば、

もともと換気をする仕組み(換気口・24時間換気システム)がついています。

しかし、正しく使われていないことが本当に多いのです。

部屋の壁や天井には「換気口」がついています。

生活をしていて、お風呂やトイレ、洗面所などの換気扇を使うと、

換気口から部屋の中の汚れた空気が建物の外に出され(排気)、

同時に建物の外から新しい空気を取り込む(給気)よう設計されています。

家やマンションの換気ではこの換気システムが最も一般的で、

2時間で室内の空気をまるまる一回入れ替えることができます。

まずは今すでにある24時間換気システムをきちんと「正しく」使うことが基本です

しかし外から空気が入ってきて寒い(または暑い)という理由で換気口を閉じたり、

24時間換気システムのスイッチをオフにしたりしてしまうと、

せっかくの換気システムが役割を果たすことができず、

知らず知らずのうちに室内の空気に汚れがたまってしまいます。

換気口は開けた状態で、

24時間換気システムはいつもオンにして「正しく」使用するようにしてください。

窓を開けて空気の通り道を作りましょう

窓を開けて換気するときの時間と回数の目安は、

1時間に5~10分程度と言われています。

ただし、窓や部屋の大きさや、室内に浮遊している汚染物質の種類によって

外に出るスピードは異なるため、

どの程度の換気であれば確実に感染症リスクが抑えられるのか、

換気の効果について一概にはいえません。

また、1時間に10分の換気を1回するよりも、

1時間に5分の換気を2回する方が換気の効果は高くなります。

できるだけ、回数を多く換気をすると効果的です。

窓開け換気時に花粉が気になる場合は、

窓の近くに空気清浄機を置くことで花粉の侵入をある程度抑制することができます。

またレースのカーテンも花粉対策に有効といわれています。

空気の通り道を作る窓の開け方

窓開けで換気をする時は、1か所の窓だけでなく、

2カ所の窓を開けることで空気の通り道ができて効率的な換気ができます。

窓から風が入る場合は、窓を開けましょう。

2つの窓は対角線上にあるとさらに効率的です。

近い2つの窓をあけた場合、部屋全体の空気が流れないため、

対角線よりも換気の効率は悪くなるので注意してください

窓を開けても風が入りにくい場合

窓から風が入りにくい場合は、風や空気は小さい隙間から勢いよく入り、

大きい隙間から(小さな力で)出ていきやすいという性質があるため、

外から空気が少しでも入ってくる側の窓は小さく開けて、

外に空気が出る側の窓を大きく開けると効率的な換気ができます。

開ける窓が1つしかない場合

窓が1つしかない場合は部屋のドアを開けて、

扇風機などを窓の外に向けて設置すると効果的です。

扇風機を窓の方へ向け、部屋の外に空気を流すのが上手な使い方です。

扇風機を部屋の方へむけて、窓の外の空気を部屋に入れるやり方では、

外の空気は部屋に入ってきますが、

汚れた部屋の中の空気が外に出ずに部屋の中にとどまることがあるからです。

窓がない部屋の場合

窓がない部屋の場合は、部屋のドアを開けて

扇風機などを置いて部屋の外に空気が流れるようにしましょう。

浴室や洗面室、トイレなどに設置されている換気扇を運転すると、

他の部屋から流れてきた空気も効率的に家の外に出すことができます。

家の換気方法 まとめ

お住まいの環境に応じて、今まで説明した、

①今すでにある24時間換気システムをきちんと使うこと。

②窓を開けて空気の通り道を作ること。

③台所の換気扇を活用すること。

これらをうまく組合せて、換気を効率的に行いましょう



家全体を換気したい時

バルコニーに接する窓と玄関側のどちらかの窓を開け、

途中の扉を開けるとよいでしょう。

この記事を書いた人
トラッド専務・社長の夫 充男 トラッドセンム・シャチョウノオット ミツオ
トラッド専務・社長の夫 充男
やるべきかやらざるべきか、大きな事案で本当に迷ったときは後悔しないように前向きな方向で進めています。正直なところ、これまで人生をやり直したいと思ったことが幾度かありました。だからこそ、今はそう思うことのないよう常に前向きに心がけています。営業エリアは京都市北部をメインにしていますが、京都以外の田舎の家の売買・賃貸・管理についてもご相談をお受けいたします。昭和の時代より不動産業界に携わっています。経験だけが全てではありませんが、業界歴30余年間に身につけた知恵・知識を活用出来ればと思います。
arrow_upward