9:00~18:00
毎週水曜日 第2第4木曜日
2020年06月03日
京都の地域情報

特別定額給付金のオンライン申請は大混乱! 京都市北区北大路駅 不動産のミチテラス

国民1人当たり10万円を支給する

「特別定額給付金」のオンライン申請を巡り、

全国で大混乱が生じているようです。

マイナンバーを使用した迅速な給付が受けられると

思った人たちのなかには入力ミスが多く、

自治体での対応も初めてのことで戸惑いが生じてるのではと感じます。

オンライン申請とは名ばかりの、アナログでの書類点検

オンライン申請といえども

まず一世帯ずつ紙面に印刷し、誤りがないか確認します。

京都市では72万世帯ほどの膨大な申請書類を処理しなければならず、

市役所外での雑居ビルを借りて作業を行っているようです。

職員も通常の慣れた書類ではなく、

国の専用サイト「マイナポータル」から、

誤った内容でも申請を受け付けてしまうことがあるといいます。

まず、申請内容が住民基本台帳と一致するか確認する必要があるが、

そのマイナポータルと住基システムがつながっていないため、

手作業で印刷した書類を照合するアナログ作業になっています。

要するにオンライン申請では入口はすんなりと入っていけるが、

出口までの点検確認に相当の時間を要しているようです。

このような状況下、京都府の宇治市では5月27日5時をもって

オンライン申請をいったん中止すると発表しています。

それでもやはり市民とすればもっと迅速な処理をしてほしいと

思っていることは忘れないでほしい。

この記事を書いた人
トラッド専務・社長の夫 充男 トラッドセンム・シャチョウノオット ミツオ
トラッド専務・社長の夫 充男
やるべきかやらざるべきか、大きな事案で本当に迷ったときは後悔しないように前向きな方向で進めています。正直なところ、これまで人生をやり直したいと思ったことが幾度かありました。だからこそ、今はそう思うことのないよう常に前向きに心がけています。営業エリアは京都市北部をメインにしていますが、京都以外の田舎の家の売買・賃貸・管理についてもご相談をお受けいたします。昭和の時代より不動産業界に携わっています。経験だけが全てではありませんが、業界歴30余年間に身につけた知恵・知識を活用出来ればと思います。
arrow_upward