9:00~18:00
毎週水曜日 第2第4木曜日
2020年06月07日
大家さん向け情報

不動産賃貸業を始める方が知っておくこと 京都市北区北大路駅 不動産のミチテラス

ご自分で不動産を購入し、

その物件を貸し出す不動産賃貸業は、

売買・賃貸の仲介業務を行う宅地建物取引業と違い

免許や資格の必要はありません。

そのため比較的参入しやすく、

現在仕事をされている方でも副収入をあげることが可能です。

「所得」と「収入」の違い

不動産賃貸業では

地代や家賃として借主から受け取った金額の総額が収入になります。

この金額から毎年の固定資産税や建物の外装や室内の補修費用など、

不動産賃貸業という事業を経営するうえで

必要不可欠な経費を差し引いた残りの金額が所得ということになります。

当然所得税が課税されるのは所得の部分で、

1年間に受け取った家賃(敷金・礼金なども含む)から

支出した経費を差し引いて計算します。

ただし、借主が退去の際返還する金額については、

収入には含まれません。

所得税は毎年1月1日から12月31日までの1年間に得た所得の金額にかかる税金です。

所得の種類は10種類に区分することができます。

利子所得
公社債や預貯金の利子、貸付信託や公社債投信の収益の分配などから生じる所得

配当所得
株式の配当、証券投資信託の収益の分配、出資の剰余金の分配などから生じる所得

不動産所得
不動産、土地の上に存する権利、船舶、航空機の貸付けなどから生じる所得

事業所得
商業・工業・農業・漁業・自由業など、事業から生じる所得

給与所得
給料・賞与などの所得

退職所得
退職によって受ける所得

山林所得
5年を超えて所有していた山林を伐採して売ったり、又は立木のまま売った所得

譲渡所得
事業用の固定資産や家庭用の資産などを売った所得

一時所得
クイズの賞金や満期保険金などの所得

雑所得
年金や恩給などの公的年金等、非営業用貸金の利子、原稿料や印税、講演料などのように他の9種類の所得のどれにも属さない所得

所得税の課税のしくみについて

総所得金額から所得控除額を差し引き、その残額に応じた税率をかけて計算します。

所得税の計算は6段階に分かれます。

所得税の計算方法の順序

①10種類に分類された所得ごとに一定の方法で所得金額を所得金額を計算

②個人的事情等を考慮して設けられている所得控除額を計算

③所得金額から所得控除額を差し引き課税所得金額を計算

④課税所得金額に税率を掛けて所得税額を計算

⑤所得税額から税額控除額を差し引く(配当控除や住宅ローン控除など)

⑥上記⑤より源泉徴収税額や予定納税額を差し引く

この記事を書いた人
トラッド専務・社長の夫 充男 トラッドセンム・シャチョウノオット ミツオ
トラッド専務・社長の夫 充男
やるべきかやらざるべきか、大きな事案で本当に迷ったときは後悔しないように前向きな方向で進めています。正直なところ、これまで人生をやり直したいと思ったことが幾度かありました。だからこそ、今はそう思うことのないよう常に前向きに心がけています。営業エリアは京都市北部をメインにしていますが、京都以外の田舎の家の売買・賃貸・管理についてもご相談をお受けいたします。昭和の時代より不動産業界に携わっています。経験だけが全てではありませんが、業界歴30余年間に身につけた知恵・知識を活用出来ればと思います。
arrow_upward