9:00~18:00
毎週水曜日 第2第4木曜日
2020年06月14日
トラッド専務のブログ

「今年の志願者数が多い大学」首位は近畿大 京都市北区北大路駅 不動産のミチテラス

来年からセンター試験が大学入学共通テストに変わり、

今年浪人すると受験生は「英語民間試験の成績利用」と

「数学と国語の記述式問題」が加わり新たな対策が必要となり、

今年合格しておくための安全志向が高まったため

確実性の高い大学を目指す傾向になりました。

 

共通テスト記述式見送りに安堵と憤りの声交錯

しかし、2019年11月から12月になり、

英語民間試験と記述式問題の見送りが発表されたが時すでに遅し、

11月には志望校を決め、過去問に取り組む時期だった。

そのため安全志向・現役志向の流れは変わることなく、

滑り止め校を多く受けたものと思われます。

難関国公立大学の大幅な志願者減はこの傾向を如実に表し、

旧帝大と東工大・一橋大全て志願者減は、

過去40年間に1度もなかったことです。

関西地区私大の志願者数状況ランキング

学部別人気も変わってきてます。

理系人気が高く文系人気が低い『理高文低』となっています。

以下関西地区私大の志願者数の多い大学を記しておきます。

順位      大学名     2020年志願者数(人)   前年比増減率(%)

①(全①)   近畿大学     145,350          ▲6.0 

②(全④)   立命館大学    103,669            10.1 

③(全⑨)   関西大学                         87,625          ▲6.2  

④(全⑮)      京都産業大学                56,220              1.6 

⑤(全⑯)   龍谷大学                         53,281                                         ▲3.9         

⑥(全⑲)   同志社大学                    49,946                                         ▲7.1                                     

⑦(全㉕)   関西学院大学                33,209                                        ▲14.5

⑧(全㉚)   摂南大学                         28,575                                        ▲25.8

⑨(全㊴)   神戸学院大学                21,926         ▲15.8   

⓾(全㊿)  大阪工業大学                 19,102                                        ▲5.0    

※全は全国 ▲はマイナス 

この記事を書いた人
トラッド専務・社長の夫 充男 トラッドセンム・シャチョウノオット ミツオ
トラッド専務・社長の夫 充男
やるべきかやらざるべきか、大きな事案で本当に迷ったときは後悔しないように前向きな方向で進めています。正直なところ、これまで人生をやり直したいと思ったことが幾度かありました。だからこそ、今はそう思うことのないよう常に前向きに心がけています。営業エリアは京都市北部をメインにしていますが、京都以外の田舎の家の売買・賃貸・管理についてもご相談をお受けいたします。昭和の時代より不動産業界に携わっています。経験だけが全てではありませんが、業界歴30余年間に身につけた知恵・知識を活用出来ればと思います。
arrow_upward