9:00~18:00
毎週水曜日 第2第4木曜日
2020年06月21日
トラッド専務のブログ

日本全国で部分日食が観察可 京都市北区北大路駅 不動産のミチテラス

本日6月21日(日)と言えば夏至日で「父の日」ですが、

夕方16時頃から18時頃にかけ、日本全国で部分日食が見られます。

次に日本の広い範囲で日食が見られるのは、2030年6月になりますので、

日曜日だし、ぜひ見ておきたい現象です。

372年ぶりの夏至の日食 梅雨とはいえ今日は晴れそう

部分日食とは月が太陽の前を横切るため、

月により太陽の一部だけを隠す現象です。

隠された部分の欠け具合を「食分」という値で表します。

太陽の直径のうち、どれだけ月に隠されているかを示す数値で、

南西日本ほど大きく欠け、沖縄などでは深い部分食となります。

また、日本だけでなくアジア一帯でも見られ、

インド北部や台湾などでは金環日食が起こります。

今日は夏至のため太陽はかなり高いというイメージもありますが、

日食が始まるときの太陽の高度は30~45度くらいで

終るころには10~15度くらいしかありません。

最後まで撮りたい方は西から西北西の前景もチェックしておきましょう。

天気予報でも西日本を中心に晴れそうです。

安全な観察をするために絶対に守ること

曇っていて見た目ではあまりまぶしく感じなくても、

日食を観察するときは十分に注意してください。

観察用の源光フィルターを正しく使いましょう

減光フィルターは可視光線を十分カットするだけでなく、

紫外線や赤外線からも目を守ってくれます。

ただし、フィルターに穴や破れがないことを確認し、

双眼鏡や望遠鏡を組み合わせて使ってはいけません。

誤った方法で見ると失明等の重大な視力障害を引き起こすおそれがあります。

絶対にやってはいけないこと

✖ 肉眼で直接見る

✖ 望遠鏡や双眼鏡で見る

✖ 学習用の色付き下敷きで見る

✖ サングラスやゴーグルで見る

✖ 黒いビニールで見る

✖ 源光フィルター使って長時間(2~3分)見る

※ 日食は減光しなければ肉眼では見えず、

  たとえ薄曇りであっても肉眼での観察は危険です。

以上のことを守って部分日食をお楽しみください。

この記事を書いた人
トラッド専務・社長の夫 充男 トラッドセンム・シャチョウノオット ミツオ
トラッド専務・社長の夫 充男
やるべきかやらざるべきか、大きな事案で本当に迷ったときは後悔しないように前向きな方向で進めています。正直なところ、これまで人生をやり直したいと思ったことが幾度かありました。だからこそ、今はそう思うことのないよう常に前向きに心がけています。営業エリアは京都市北部をメインにしていますが、京都以外の田舎の家の売買・賃貸・管理についてもご相談をお受けいたします。昭和の時代より不動産業界に携わっています。経験だけが全てではありませんが、業界歴30余年間に身につけた知恵・知識を活用出来ればと思います。
arrow_upward