9:00~18:00
毎週水曜日 第2第4木曜日
2020年06月26日
トラッド専務のブログ

福井・敦賀のソースカツ丼・「ヨーロッパ軒」京都市北区北大路駅 不動産のミチテラス

以前から一度行ってみたかったソースカツ丼のお店です。

福井市の総本店は少し遠いので

敦賀市の「敦賀ヨーロッパ軒 本店」を訪問しました。

福井市の総本店から最初にのれん分けされたようで、

総本店のwebサイトでは敦賀分店になってました。

ソースカツ丼はヨーロッパの味ですか⁉

実は個人的にソースという調味料はあまり好きではありません。

目玉焼きは断然マヨネーズ派だし、焼きそばなら塩焼きそば、

昔はキャベツにソースかけて食べる人を結構見かけましたが、

私はやはりマヨラーでした。

今はお洒落になって、どちらのお店に行っても

また、家庭でも「ドレッシング」が多いですね。

それなのになんでソースカツ丼を食べに行ったかといえば、

たまたまこの「ヨーロッパ軒」を紹介している

テレビ番組を2度ほど見かけたからです。

有名なお店なので以前から名前は知ってましたが、

やはり、ソースという言葉に躊躇してたようです。

まあ、話しのネタくらいのつもりで興味津々食べてみました。

まずびっくりしたのが量の多さです。

たっぷり入ったご飯に分厚いトンカツが3まい。

肩ロースのカツは食べると脂分たっぷり肉汁がでてきます。

ごはんも福井米か美味しい。

ただ、やはりソースが食欲を盛り立ててくれません。

それに量が多く食べきられません。

せっかくなのでレジの前の方にあった持ち帰り用の容器に詰めて帰りました。

メニューをよく見たら、ミニカツ丼なるものもあり

これでも十分じゃなかったのかと.....。

でも、ソース味の好きな方には最高だと思います。

私の場合、やはり玉ねぎを炒め、溶き卵で軽くとじて

三つ葉をちらしたカツ丼が好きです。

そう言えば、昔々、東京の蒲田で食べたカツ丼が美味しかったです。

もう、〇十年経っているのでお店の名前が思い出せません。

ラムサール条約の登録地・三方五湖で小休止

コロナ禍の影響でなかなか外に出かけることがなかったのですが、

都道府県の越境が自由になり、海を見たくて日本海に出かけました。

その昔、人が水を恋しがるのは胎児のときに母親の羊水のなかで守られ成長し、

誕生したからだと聞いたことがあります。

とりあえず、京都市内では海を見ることができないので、

日帰りの癒し旅行で、高速道路も乗りません。

三方五湖は美浜町と若狭町にまたがる五つの湖の総称で、

2005年に「ラムサール条約」の指定湿地に登録されています。

五つの湖は海水・汽水・淡水に分かれていて、

福井県里海湖研究所の三方五湖自然観察棟の職員によると

今年は唯一の淡水である三方湖でも、

植物のなかには汽水のような現象があるとのことでした。

備え付けの望遠鏡で湖を見てみると

運よく水鳥の海鵜を見ることができました。

arrow_upward