9:00~18:00
毎週水曜日 第2第4木曜日
2020年07月06日
トラッド専務のブログ

レジ袋有料化はプラごみ削減に程遠い真の事実京都市北区北大路駅 不動産のミチテラス

7月1日からコンビニでもレジ袋の有料化がスタートしています。

プラスチックごみによる海洋環境汚染が国際的な問題として久しく、

いかにその問題を打開していくか、国の施策の一つです。

だが、この有料化がプラごみの大きな削減に

どこまでつながるのか、疑問となっています。

環境改善には効果が少なく、消費者は不便で大迷惑

実際にプラごみ有料化に対する消費者の疑問の声は多い。

手に持てない商品を買うのに、なぜ入れる袋まで買うのか。

昔は家庭の主婦など必ず買い物かごをさげ、スーパーや商店に出かけてた。

だから、レジ袋などそれほど必要なかったが、

当時男性が一人で買い物する光景はあまり見かけなかった。

何事もそうだが、常に時代は変わってきているのだ。

社会人や学生など男性でも手軽に買い物ができるコンビニなのに、

こんなことでコンビニエンス(便利)といえるのだろうか。

確かにワンユースで多消費されるレジ袋への批判的な意見は以前からあった。

だが、レジ袋の利用規制による海洋プラごみの発生削減効果の

内容については、それほど聞こえてこない。

国内での廃プラ量が年間約900万トンに対し、

使用されているレジ袋は約20万トンとのこと。

使用後、市街地や観光地などでポイ捨てされ、

最終的に川から海に流れ、海洋プラごみとなるレジ袋は

少なくともこの国ではほんの一部にしか過ぎない。

それは今回のコロナ禍においても、他国でのロックダウンの最中、

大きな規制がなくとも自粛を心がけていた国民性にあると思う。

経済成長まっただなかの時代と違い、現在のような低成長時代、

おおかたの国民はもったいない精神が働き、

無料だということで、レジ袋を1回使ってポイ捨てする人は少ない。

このあたりが高給優遇されている閣僚・官僚の思考と相違する。

レジ袋有料化は小売店が潤い消費者は消費税に次ぐ負担

持てない量の商品を買った場合、

入れる袋がなければ当然レジ袋を買うことになる。

その値段は2~5円くらい。

この原価をこれまでは小売店が利益のなかから負担していたのだが、

これからは消費者が負担することになる。

消費者にとっては納得のいかない政策である。

そもそもレジ袋を有料化したところでプラスチックごみの

削減にどれだけつながるのかという疑問もある。

環境省が発表した、国内の海岸に漂着したプラスチックごみのうち、

レジ袋を含むポリ袋は0.3%だったのだ。

なお、家庭から出るものとして一番多い漂着ごみは

飲料用ボトルの12.7%だそうです。

なぜペットボトルは規制されないのだろうか…。

環境問題に詳しい専門家によると、エコバッグが必ずしもレジ袋よりも

エコではないという指摘をされ、次のように述べています。

『使用回数にもよりますが、エコバッグの方が結果的にはCO2排出量は多く、

また洗濯をすることで、むしろ海洋汚染につながるとの見方もあるのです。

海外ではレジ袋の有料化や廃止が相次いでいますが、

日本もただ右へならえする必要があるのか。

ただ消費者の経済的な負担を増やすだけではないかという気がしてしまいます。』

環境大臣はパフォーマンスだけでは駄目ですよ!

今、多くの人が使用する不織布マスクは

ポリプロピレンやポリエステルなどのプラスチック製です。

内容を理解せず環境改善ばかりいう人には、

布製の「アベノマスク」を洗いながら使ってほしい。

世界のプラスチックの年間生産量は2015年で3億8000万トンです。

このうち、海に入り込む率は3%といわれています。

環境省のサイトには2010年に海洋に流出した廃プラ量が載っている。

1位は中国132万~353万トン、2位インドネシア48万~129万トン、

以下20位米国4万~11万トン、日本は30位で2万~6万トン。

そのうえ日本の2万~6万トンのうち、

漁網・ロープ・ブイ及びPETを含むボトル類が

重量ベースでいくと7割を占めているとのことです。

要するに日本ではレジ袋は海洋にはあまり流出していないのです。

日本海など海岸に流れてきてるプラスチックは、

他国の文字が書かれたものが見かけられると聞きます。

ペットボトルを廃止しマイボトルや再利用できるガラス瓶を普及させ、

漁業関係者への指導や取り締まりを強化すべきでないのでしょうか。

これだけ利便性のあるレジ袋の有料化は、

買おうと思ってたものまで、袋がないからやめとこうと断念し、

小さいことだけど、経済にまで影響するのではないかと思っています。

環境大臣、よく考えてくださいね。

この記事を書いた人
トラッド専務・社長の夫 充男 トラッドセンム・シャチョウノオット ミツオ
トラッド専務・社長の夫 充男
やるべきかやらざるべきか、大きな事案で本当に迷ったときは後悔しないように前向きな方向で進めています。正直なところ、これまで人生をやり直したいと思ったことが幾度かありました。だからこそ、今はそう思うことのないよう常に前向きに心がけています。営業エリアは京都市北部をメインにしていますが、京都以外の田舎の家の売買・賃貸・管理についてもご相談をお受けいたします。昭和の時代より不動産業界に携わっています。経験だけが全てではありませんが、業界歴30余年間に身につけた知恵・知識を活用出来ればと思います。
arrow_upward