9:00~18:00
毎週水曜日 第2第4木曜日
2020年07月14日
大家さん向け情報

大家さん!入居者の退去時に退去理由を聞いてますか? 京都市北区 不動産のミチテラス

退去の際に退去理由を聞くことは、

これから先の賃貸住宅を経営していく上で大変参考になります。

クレームの多い入居者をときどき見かけますが、

この件についてもある意味参考になることはあります。

入居者は不満点が増えると、自分の希望する賃貸住宅に引っ越します。

退去理由は今後の賃貸住宅経営の反面教師になります

ずっと以前のように賃貸物件が足りなくて、

入居希望者が殺到するということは、

よほどの人気物件でもない限りありえません。

現在の賃貸住宅の運営は入居者に

いかに長期間入居してもらうことが大切になってきます。

そのためには「入居者の生の声」を聴かせてもらって

改善すべき点は改善する方向で検討していきましょう。

入居者側から見た住宅に関する評価と、

貸主側(管理会社含む)から見たそれは必ず相違があるので、

実際にそこに住み生活している人たちの声は大切です。

アンケートは手短に、ポイントを押さえよう

せっかく退去のアンケートをお願いしても、

非協力的だったり、物件に対する理由のため言いずらくて

表向きな理由で回答を出す場合もあります。

貸主側からの一方的なお願い事なので、

例えば図書券やクオカードなど安価な物でも

謝意を表し、屈託ない意見を聞かせてもらうことが大切です。

また、退去者の手間をとらせないよう注意し短時間で終ること。

チェック方式で回答できるアンケート用紙を用意しておきましょう。

退去理由はほぼ限定されるが、空室対策の参考書です

退去理由は人さまざまですが、転勤・卒業・結婚・住宅の購入などの場合は

常にあり得ることで、吉報なので喜んでお送りしましょう。

以下の点については今後参考にしていく必要があります。

■現在の家賃や管理費が高い

 入居者は家賃に敏感だが、むやみに家賃を下げず相場価格の家賃を検討する

■更新料が必要(高い)

 2年に1か月分の更新料は、低成長期の現在入居者に大きな負担となる

■建物全体の老朽化

 建物外装の補修は建物の維持管理にもなり耐用年数で検討する

■室内外の設備の老朽化

 入居者も、時代にあった室内の使いやすさを望んでいる

 古くなった設備は適宜修理しないと家賃減額の一因にもなる

■騒音などのトラブル

 両者の意見を聞き必要な場合、掲示板・各室への連絡をとる

■緊急時の管理会社の対応が悪い  

 管理会社や担当者の対応が悪いと、大家さんの意図と異なった結果となる

■建物共用部の管理の悪さ

 共用部や建物敷地周辺に嫌悪感を感じると、退去を検討する人もいる

 定期的な清掃は必須で入居者募集のためにも清潔にしましょう

■交通の利便性や周囲の環境

 変更できない要件なので入居者の要望する付加価値を検討する

 例えば宅配ボックスの設置や駐輪場の増設等

大家さんと入居者との間で、コミュニケーションがとれることは、

一見風通しがよく退去の予防にもなり、

推奨する方もいますが私はあまり賛成いたしません。

挨拶など笑顔で言葉を交わしたりすることには

何ら問題はありませんが、あまり深入りしすぎると、

「大家と言えば親も同然 店子と言えば子も同然」で、

問題ごとが発生した場合、

人情的に断り切れない場面が起きる可能性もあります。

適度なお付き合いで、賃貸住宅経営がビジネスであることに徹しましょう。

この記事を書いた人
トラッド専務・社長の夫 充男 トラッドセンム・シャチョウノオット ミツオ
トラッド専務・社長の夫 充男
やるべきかやらざるべきか、大きな事案で本当に迷ったときは後悔しないように前向きな方向で進めています。正直なところ、これまで人生をやり直したいと思ったことが幾度かありました。だからこそ、今はそう思うことのないよう常に前向きに心がけています。営業エリアは京都市北部をメインにしていますが、京都以外の田舎の家の売買・賃貸・管理についてもご相談をお受けいたします。昭和の時代より不動産業界に携わっています。経験だけが全てではありませんが、業界歴30余年間に身につけた知恵・知識を活用出来ればと思います。
arrow_upward