9:00~18:00
毎週水曜日 第2第4木曜日
2020年08月31日
京都の地域情報

京都市内の宿泊施設を転用済みか、転用検討の方への助成制度。

こんにちは!浅井です。

京都市では、コロナウイルス感染症の拡大や

それに伴う自粛の影響により、

本市の経済活動や活力の低下が懸念されていることから

国の「新型コロナウイルス感染症対応地方創世臨時交付金」を活用し

事業継続が困難な宿泊施設の住宅等への転用を支援します。

補助対象者の概要について

令和2年4月1日以降に着手したものを補助対象としています。

旅館業法に基づく宿泊施設又は開業前の宿泊施設

(廃業済のもの、令和2年4月1日時点で未竣工のもの を含む。)について、

「地域コミュニティに資する住宅等(※)」として使用するために

工事等を行う者(所 有者・借主等)を補助対象者とします。

 

※「地域コミュニティに資する住宅等」とは

補助対象者は,転用後の住宅等を使用しようとする者等に対し、

 地域自治活動に係る情報等を提供 するほか

 居住者等に対し自治会加入を勧奨するなど

 地域コミュニティに資する活動を企画・提案し、

 地域自治活動を支援することが必要です。

3階建て以上、かつ、住戸が15戸以上の共同住宅に改修する場合は、

 当該共同住宅の居住者と地 域住民との交流を促進するため、

 地域自治組織との連絡・調整を行うことが必要です。

補助対象者が居住する場合は、

 地域活動に参加するよう努める必要があります。

 (なお、オフィス(コワーキングやテレワーク等)や店舗等を併設する住宅を含みます。)

補助対象費用と補助金額の算定について

物件

戸建て(京町家・京町家以外) 非戸建て

補助対象費用

【対象となる工事】

・住宅設備改修工事(台所・浴室等)

・その他設備改修工事(給排水,電気等)

・内部改修工事(壁,床の仕上げ等) 

・外部改修工事(屋根,外壁等)

・帳場・看板等、不要なものの撤去

【設計料等】 

・設計料・事務手数料 等

補助金額

算出方法

 上記補助対象費用について以下の合計額で算出

・工事費の合計額に3/4を乗じて得た額

・設計料等の合計額

上限額

戸建て(京町家) 100万円

  京町家以外  15万円

非戸建て  以下のいずれか低い額

      ・15万円×改修前の宿泊施設としての部屋数

         ・300万円

 なお、京町家とは昭和25年11月22日以前に着工され

 かつ伝統構法によって建築された木造建築物(母屋・離れまたは蔵)

 設計料等については、15万円を上限とします。

事前相談・申請受付について

まずは事前相談から。

(1)令和2年8月31日(月)~9月11日(金)

 事前相談のみ受け付けます。

 ア 受付日時

 令和2年8月31日(月)~9月11日(金)まで(土日・祝日は休み)

 午前9時30分~正午、午後1時~午後5時

 ただし、9月11日(金)は午後3時まで

 イ 事前相談の予約

 面談相談希望の場合は要予約です。電話番号231-2103にご連絡ください。

 ウ 事前相談の受付場所

 京都市役所分庁舎2階 第4会議室(まち再生・創造推進室の執務室横)

 電話番号 231-2103

 (2)令和2年9月14日(月)~12月28日(月)
 申請受付を行います。
 また、事前相談についても継続して受け付けます

 (9月11日までとは場所が変わりますので、御注 意ください)

 ア 受付日時

 令和2年9月14日(月)から12月28日(月)まで(水曜日,祝日は休み)

 午前9時45分~午前11 時30分,午後1時~午後4時30分

 ※ 申請は12月28日(月)必着。

 ※ 補助申請の総額が予算の上限に達した場合は,

 申請書受付期間内であっても、申請受付を締め切 る場合があります。

 イ 受付場所

 京都市住宅供給公社 京(みやこ)安心すまいセンター

 (中京区烏丸御池東南角アーバネックス御池ビル西館4階)

 電話番号 231-2103

  ※郵送でご申請ください。

 (コロナウイルス感染拡大防止のため、ご理解・ご協力をお願いいたします。)

 ウ 完了の実績報告

 令和3年3月15日(月)までに提出が必要となります。

※なお、詳しくは下記の京都市版チラシをご覧ください。

この記事を書いた人
トラッド専務・社長の夫 充男 トラッドセンム・シャチョウノオット ミツオ
トラッド専務・社長の夫 充男
やるべきかやらざるべきか、大きな事案で本当に迷ったときは後悔しないように前向きな方向で進めています。正直なところ、これまで人生をやり直したいと思ったことが幾度かありました。だからこそ、今はそう思うことのないよう常に前向きに心がけています。営業エリアは京都市北部をメインにしていますが、京都以外の田舎の家の売買・賃貸・管理についてもご相談をお受けいたします。昭和の時代より不動産業界に携わっています。経験だけが全てではありませんが、業界歴30余年間に身につけた知恵・知識を活用出来ればと思います。
arrow_upward