9:00~18:00
毎週水曜日 第2第4木曜日
2020年09月06日
トラッド専務のブログ

スマホ料金を滞納すると住宅ローン審査に落ちる‼︎ 北大路駅不動産のミチテラス

まさか、スマホ料金の滞納程度で住宅ローンを

借ることができなくなったと思う人は少ないですよね。

固定電話でもそうだが、スマホでも使用料金を滞納したら通話がとめられ、

あわててコンビニに駆け込めば即復帰するだけと思ってました。

スマホを分割で買い換えたらクレジット契約です。

スマホ料金の延滞が原因で、

住宅ローンの審査に落ちた方が出てきてるようです。

通話料金は延滞すると使用が不可能になりますが、

実は原因はこの通話料にあるのではないのです。

現在スマホを新しく購入する際、

スマホ本体は結構高額だし金利もつかないので、

通話料やデータ通信料と一緒に分割購入する人が多くなっています。

また、分割払いにすることで割引サービスが適用される場合もありますし、

料金体系が未だ分かりにくいため

言われるままに契約される人も少なくありません。

スマホ本体を分割購入すると、契約書の中に

「個別信用購入あっせん契約申込書」というものがあり、

これがスマホ本体を購入するクレジット契約になります。

うっかり滞納でも信用情報はしっかり残ります。

スマホを分割払いで購入すると商品を分割払いで購入していること、

つまりクレジット契約を行っていることを十分に認識してください。

これを滞納すると個人信用情報に「延滞」の履歴が残ってしまいます。

俗に言う「ブラックリスト」に載ってしまい

最短でも5年間は金融機関から融資を受けることはできず、

新規でのクレジットカードの発行も受けられず、

自宅購入の際の十分な頭金ができても、

残りの住宅ローンが借りられなくなります。

また、電気代や水道代などの公共料金を銀行口座引き落としでなく、

特典のあるクレジットカード決済にしていて

うっかり滞納した場合にでも結果として信用情報に記録されます。

このようなことで大切な住宅を購入する際に

ローンが組めなかった人が増えていますのでお気をつけください。

この記事を書いた人
トラッド専務・社長の夫 充男 トラッドセンム・シャチョウノオット ミツオ
トラッド専務・社長の夫 充男
やるべきかやらざるべきか、大きな事案で本当に迷ったときは後悔しないように前向きな方向で進めています。正直なところ、これまで人生をやり直したいと思ったことが幾度かありました。だからこそ、今はそう思うことのないよう常に前向きに心がけています。営業エリアは京都市北部をメインにしていますが、京都以外の田舎の家の売買・賃貸・管理についてもご相談をお受けいたします。昭和の時代より不動産業界に携わっています。経験だけが全てではありませんが、業界歴30余年間に身につけた知恵・知識を活用出来ればと思います。
arrow_upward