9:00~18:00
毎週水曜日 第2第4木曜日
2020年09月15日
トラッド専務のブログ

ひと足早く秋の丹波篠山逍遥を楽しみました。北大路駅不動産のミチテラス

夏の空気が一掃した14日、

小さい秋を求めて兵庫・丹波篠山まで出かけました。

終着地近くを走るのは、おなじみ「デカンショ街道(国道372号線)」。

道が空いてて思わずスピードを出し過ぎてしまいますが、

危ない危ない!事故と点数に気をつけましょう。

丹羽名産「黒豆」は、あと少しお待ち下さい。

ちなみにデカンショという言葉の起源は

「デカルト カント ショーペンハーウェル」の

3人の哲学者の頭の文字を採ったとする説がありますが、

そこはやはり、丹波の男衆が冬の時期灘五郷などへ杜氏として出稼ぎに出かけ、

寝る間もなくつらく苦しい酒造りの中で

「ぐっすりと寝てみたい」という願いがデカンショ節の

歌詞になったといわれる説が有力だと思います。

このデカンショ街道沿いでは秋が来ると

丹波名産の「丹波黒豆」を売っているのですが、

今日はちょっと早かったみたいで、売店は一軒もでていません。

午前中で売り切れる「小西の黒豆パン」

丹波篠山まで出かけると、必ずと言っていいほど買って帰るのが

明治26年創業の「小西の黒豆パン」です。

3個入り550円というと少し割高と思う人がいるかもしれないが、

単なる菓子パンではありません。

パンの生地も黒豆も職人さんが手間ひまかけて出来上がったパンは、

もはやパンの領域をこえています。

この記事を書いた人
トラッド専務・社長の夫 充男 トラッドセンム・シャチョウノオット ミツオ
トラッド専務・社長の夫 充男
やるべきかやらざるべきか、大きな事案で本当に迷ったときは後悔しないように前向きな方向で進めています。正直なところ、これまで人生をやり直したいと思ったことが幾度かありました。だからこそ、今はそう思うことのないよう常に前向きに心がけています。営業エリアは京都市北部をメインにしていますが、京都以外の田舎の家の売買・賃貸・管理についてもご相談をお受けいたします。昭和の時代より不動産業界に携わっています。経験だけが全てではありませんが、業界歴30余年間に身につけた知恵・知識を活用出来ればと思います。
arrow_upward