9:00~18:00
毎週水曜日 第2第4木曜日
2020年09月20日
暮らしに役立つ情報

京都府警では「ピカッとライト大作戦」北大路駅不動産のミチテラス

2020年(令和2年)秋の全国交通安全運動が行われますが、

京都府警では「ピカッとライト大作戦と称して

午後4時からのライト点灯を呼びかけています。

「秋の日はつるべ落とし」といわれるほど、

他の時期と比べ、秋は日ごと急速に日が暮れていきます。

明日9月21日から秋の全国交通安全運動です。

9月21日(月)から同30日(水)まで「秋の全国交通安全運動」が行われ、

特に運動期間最終日の9月30日は、

「交通事故死ゼロを目指す日」となっています。

依然として交通事故死傷者の中で多いのが第三者の歩行者で、

自転車事故も多発しています。

京都府警では「1600ピカッとライト大作戦」と銘打ち、

午後4時からのライト点灯を呼びかけ、

日没の時間が急激に早くなるこの時期、

夕暮れ時や夜間に多発する交通事故を未然に防ぐため意識付けを行います。

府警では早めの点灯が車や歩行者などの安全につながるとして、

今後も継続して呼びかけを行います。

もちろん、雨天や霧の出てるときなど周りが薄暗くなるときなど、

午後4時にならなくても早めに点灯しましょう。

今の車AUTOにしていれば昼間でもスモールランプがついてますので、

前方の車や歩行者には気づきやすくなってます。

自動車事故は直進中で一定速度での走行時が一番多い。

交通事故の悲惨さは、

被害者だけでなく加害者までもが奈落の底に落とされてしまいます。

自動車事故の要因として一番多いのが直進中一低速での走行時による、

安全運転義務違反によることだということです。

一般的に誰もが安全だと思われる状況で

最も交通事故が起こっているということは、

ドライバーの油断ということになります。

つまり、気の緩みによりわき見運転をしたりぼーっと考え事してたり、

あるいはラジオやCDなどの設定変えを行ったことによる

事故が多いとのことです。

確かに交差点を右左折するときや

見通しの悪いカーブでは運転に集中しているので、

そのような運転以外の動作を行ったり

考えたりすることはほとんどないと思います。

そういえば一昨年私が信号で停止しているときに

後続2台目の車が追突し玉突き事故になったときも

加害車両の運転手は考え事をしてボーっとしていたと言ってました。

もちろん、これ以外にも事故の要因は色々あると思いますが、

やはりハンドルをにぎる際は、十分気を引き締めて運転を行いましょう。

安全運転義務違反は走行中はほとんどといっていいほどついてきます。

この記事を書いた人
トラッド専務・社長の夫 充男 トラッドセンム・シャチョウノオット ミツオ
トラッド専務・社長の夫 充男
やるべきかやらざるべきか、大きな事案で本当に迷ったときは後悔しないように前向きな方向で進めています。正直なところ、これまで人生をやり直したいと思ったことが幾度かありました。だからこそ、今はそう思うことのないよう常に前向きに心がけています。営業エリアは京都市北部をメインにしていますが、京都以外の田舎の家の売買・賃貸・管理についてもご相談をお受けいたします。昭和の時代より不動産業界に携わっています。経験だけが全てではありませんが、業界歴30余年間に身につけた知恵・知識を活用出来ればと思います。
arrow_upward