9:00~18:00
毎週水曜日 第2第4木曜日
2020年09月27日
暮らしに役立つ情報

菅内閣、国民のため至急再度の「特別定額給付金」を‼︎ 北大路駅不動産のミチテラス

菅内閣が発足し、大いに期待を寄せている方も多いと思います。

菅首相は首相就任前日の9月13日、

中小企業や国民への追加給付について

「必要であればしっかり対応したい」と述べています。

詳細な説明はなかったが「特別定額給付金」の再実施と思われます。

経済的効果はあったが、業界により隔たる効果がでた。

「特別定額給付金」についてはその給付方法・金額等について、

いろいろな批判や非難がありました。

それでも受給者の立場としては家計の支えとなったり、

国内の経済的効果も確実にあったことには間違いありません。

ただ、給付された時期が影響しているのか

家庭用エアコンの販売台数が多かったり、

テレワークが普及したことによるPCや周辺機器の売れ行きが好調で、

どちらも普及品なら一人当たりの給付金で購入できる金額だったことが、

家電量販店の売上高に好影響をもたらしたようです。

問題はこのように一部業界のみ突出して経済効果があったことは否めないようです。

内閣府が毎月発表している景気ウォッチャー調査によると

8月の現状判断DI(季節調整値)は、

前月から2.8ポイント上昇し43.9となりました。

DIは、50を一定値とし上回ると「景気が良い」、

下回ると「景気が悪い」と感じる人が多いことを示す数値だそうです。

Go To キャンペーンを更に拡大し、景気回復を行おう!

では、ふりかえってみて特別定額給付金の使い道はどうだったのでしょう。

ある調査によると食費などの生活費がおよそ半数を占め、

次に多かったのは貯金・預金、マスクや消毒などの感染予防のための費用、

家賃や公共料金の支払いと、日常生活の出費にあてられる傾向が強かったようです。

今後、2回目の特別定額給付金が給付される場合、

疲弊した多くの国民の方々の心を癒すためにも

Go To キャンペーンと兼備した観光業、飲食業などの

娯楽消費を喚起できることが、さらなる経済回復の鍵となるのではないでしょうか。

この記事を書いた人
トラッド専務・社長の夫 充男 トラッドセンム・シャチョウノオット ミツオ
トラッド専務・社長の夫 充男
やるべきかやらざるべきか、大きな事案で本当に迷ったときは後悔しないように前向きな方向で進めています。正直なところ、これまで人生をやり直したいと思ったことが幾度かありました。だからこそ、今はそう思うことのないよう常に前向きに心がけています。営業エリアは京都市北部をメインにしていますが、京都以外の田舎の家の売買・賃貸・管理についてもご相談をお受けいたします。昭和の時代より不動産業界に携わっています。経験だけが全てではありませんが、業界歴30余年間に身につけた知恵・知識を活用出来ればと思います。
arrow_upward