9:00~18:00
毎週水曜日 第2第4木曜日
2020年10月03日
大家さん向け情報

理不尽なことを言う入居者には徹底した対応を!北大路駅不動産のミチテラス

ひと昔ほど前に「モンスターペアレント」という

テレビドラマがありましたが、

そのころから、賃貸住宅の入居者の中にも、

大家さんや管理会社を困らせる「モンスター入居者」

なる人物が増えたような気がします。

まあ、こんな人ずい分昔からも見かけました。

「お客様は神様」などでは、決してありません。

どんな商売でもそうですが、「買ってやってる」とか

「契約してやってる」とかいう理由で、

ずいぶん横柄な態度をとる人を見かけます。

自分にとっても必要で欲しいから買ったり契約をしているのであって、

決してお金を支払う側の立場が、

受け取る側より高い地位に立つわけなどあり得ません。

例えばお腹が空いたのでアンパンを買った場合、

お店ではそれにより適正利潤が入り、買った人はお腹が満たされ満足します。

パンが全て売切れていたり、

あなたには売りませんと言われたら、お腹の空いた人は困ります。

それだけのことです。

全てヒフティヒフティの立場であって、

そこには相互扶助の精神が宿ります。

そのあたりを間違って自己中心的な言動を起こすと

法律に違背する行為が生まれてきます。

でも、最近美味しいお店だと評判で行列が出来る店や、

自分の料理にプライドを持っている大将が、

「気に入らねえなら帰れ!」と怒鳴るような気質を持つ

お店があるとのことですが、あれも如何なものかと思いますね。

最近賃貸住宅業界でも、すぐ切れるモンスター入居者がいますが、

でもあれ、実は本当に切れてるのではなく、

怒ってるぞ!と言うことを身体でモーションして、

相手を威嚇してるだけです。ハイ。

モンスター入居者には、常に毅然とした態度をとりましょう。

大家さんが費用をかけてリフォームし、

室内クリーニングまでして入居希望者にお貸しした賃貸住宅で

入居早々クレームを言ってきた入居者がいました。

フローリングの床に傷がありデコボコだとか、

キッチンの油汚れが奇麗に取れていないとか、

部屋を仕切る鴨居の上部にほこりが残っていたとか、

リフォーム後に部屋の内覧をして契約しているのに、

ほんの少しあるかないかの汚れでクレームを言ってきました。

私は全てのクレームに拒絶しましたが、

当時勤務していた会社の指示もあり

見える範囲内だけでも、もう一度手をかけようとのことで

再クリーニングを行いましたが、私は内心反対でした。

このようなクレーマーは、はっきり言って調子に乗ります。

案の定、クリーニング業者の持ってるクリーニング剤が

市販のものだったと言い始め、それでは汚れが取れないと始まりました。

業者としては既に入居しているから

極端に強力な洗剤は使用しない方がいいと思っていたのです。

もちろん私もその判断に賛成で入居者に説明をしましたが、

人の言うことに聞く耳など持ち合わせていません。

ついに本心であろうと思われる、数日間ホテルに宿泊するから

その間に苦情の出ない大がかりなクリーニングをせよとのことで、

ついてはその間のホテル代を補填しろとのことでした。

この時点で、これは最終的に警察に持ち込む事案だと考え、

全ての要求を拒否しました。

それから何度も手を換えクレームを言ってきましたが、

事前に大家さんに内容を説明し、

この入居者は短期退去の可能性があることを伝えましたら、

大家さんもそんな入居者は他の入居者にも迷惑がかかるとの

賛同をしていただけましたので

その後、毅然とした対応で無事解決することができました。

この記事を書いた人
トラッド専務・社長の夫 充男 トラッドセンム・シャチョウノオット ミツオ
トラッド専務・社長の夫 充男
やるべきかやらざるべきか、大きな事案で本当に迷ったときは後悔しないように前向きな方向で進めています。正直なところ、これまで人生をやり直したいと思ったことが幾度かありました。だからこそ、今はそう思うことのないよう常に前向きに心がけています。営業エリアは京都市北部をメインにしていますが、京都以外の田舎の家の売買・賃貸・管理についてもご相談をお受けいたします。昭和の時代より不動産業界に携わっています。経験だけが全てではありませんが、業界歴30余年間に身につけた知恵・知識を活用出来ればと思います。
arrow_upward