9:00~18:00
毎週水曜日 第2第4木曜日
2019年08月27日
トラッド専務のブログ

自然災害が多すぎる 家庭にハザードマップを備えていよう

京都では今日から数日大雨です。ハザードマップを活用しましょう。

先日の台風11号は華南で熱帯低気圧に変わりましたね。

と、思っていたら既に台風12号が発生しているみたいです。

それとは別ですが秋雨前線や湿った空気の影響で、

大雨警戒の恐れがあります。

万全な準備を・・・備えあれば憂いなしです。

お住まいの地域のハザードマップを確認しましょう。

最近「ハザードマップ」という言葉がよく使われます。

日本は自然災害のリスクが極めて高い国で

かろうじてインフラ整備により災害に耐える力を持っていますが、

それでも、他の欧米諸国と比べると、かなり危険なランクであるといえます。

日本の法令上での自然災害は、

「暴風・豪雨・豪雪・洪水・高潮・地震・噴火その他の異常な自然現象により

生じる被害」と定義されていますが、

パッと見ただけでも思い当たる箇所が多いですね。

ハザードマップは自然災害による被害の軽減や防災対策に使用する目的で

被災想定区域やその程度、避難場所、避難経路などの

防災関係施設の位置などを表示した地図です。

京都市のホームページでも

皆様のお住まいのハザードマップを見ることが可能ですので、

災害時最小限の被害で済むように、(

勿論なければ1番良いのですが)

事前に避難場所、避難通路の確認をしておくことも大切ですね。

この記事を書いた人
トラッド専務・社長の夫 充男 トラッドセンム・シャチョウノオット ミツオ
トラッド専務・社長の夫 充男
やるべきかやらざるべきか、大きな事案で本当に迷ったときは後悔しないように前向きな方向で進めています。正直なところ、これまで人生をやり直したいと思ったことが幾度かありました。だからこそ、今はそう思うことのないよう常に前向きに心がけています。営業エリアは京都市北部をメインにしていますが、京都以外の田舎の家の売買・賃貸・管理についてもご相談をお受けいたします。昭和の時代より不動産業界に携わっています。経験だけが全てではありませんが、業界歴30余年間に身につけた知恵・知識を活用出来ればと思います。
arrow_upward