9:00~18:00
毎週水曜日 第2第4木曜日
2019年09月01日
ブログ

トラッド専務の北大路駅~北山駅界隈不動産賃貸・管理・売買航海記(㉟温故知新編)

「二百十日」をご存じですか。

子供の頃よく耳にした二百十日は「雑節」の一つで、立春から数えて210日目の日です。

稲の開花期であるこの時期は台風などに見舞われることが多く、農家さんにとって過去の

経験から決して気を緩めることのないよう戒めるために、「八朔」「二百二十日」と共に

三大厄日としています。そして、今日はその「二百十日」です。

この時期は自然災害が多いですね。

前述の「雑節」は「二十四節気」「五節句」のほかに季節の移り変わりをより的確につか

むために設けられた特別な暦日です。ただ、「二十四節気」や「五節句」のように中国か

ら伝わったものではなく、日本独自の暦で、「二十四節気」「五節句」だけでは十分に季

節の変化を読み取れないために、農業に従事されてる方たちが生んだ生活の知恵であると

言えます。特にこの三大厄日は今頃の時期に集中しています。夏から秋への変わり目、気

圧の変化などにより暴風雨や台風が多く、過去にも甚大な被害が起きています。おりしも

今日9月1日は関東大震災が発生した日であり、また、昭和34年9月26日に上陸した、過去

最大級の伊勢湾台風の襲来を契機に、昭和35年(1960年)に「防災の日」と制定されて

います。

風鎮めの祭り

収穫を間近に控えたこの時期、大切な農作物が風水害などにあわないよう、各地で風を鎮

めるための祈りを込めた祭りが行われます。なかでも私の大好きな富山市八尾町の「おわ

ら風の盆」は、代表的な風鎮めの祭りの一つで、9月1日から3日までの3日間、風を鎮め

豊年祈願を祭る300年以上の歴史ある行事です。

この記事を書いた人
トラッド専務・社長の夫 充男 トラッドセンム・シャチョウノオット ミツオ
トラッド専務・社長の夫 充男
やるべきかやらざるべきか、大きな事案で本当に迷ったときは後悔しないように前向きな方向で進めています。正直なところ、これまで人生をやり直したいと思ったことが幾度かありました。だからこそ、今はそう思うことのないよう常に前向きに心がけています。営業エリアは京都市北部をメインにしていますが、京都以外の田舎の家の売買・賃貸・管理についてもご相談をお受けいたします。昭和の時代より不動産業界に携わっています。経験だけが全てではありませんが、業界歴30余年間に身につけた知恵・知識を活用出来ればと思います。
arrow_upward