9:00~18:00
毎週水曜日 第2第4木曜日
2021年01月21日
京都の地域情報

「トート阪急洛西口」全エリアが2月1日開業 京都市北区不動産のミチテラス

阪急電鉄が京都市と連携してすすめていた、

阪急洛西口駅近辺「トート阪急洛西口」の第3期工事が

このほど完成し2月1日にオープンします。

第3期エリアは2018年に開業した第1期エリアの北側に位置する

延べ床面積1,100㎡の高架下商業施設です。

人口増加に伴う西京区エリアのまちづくり

洛西口駅周辺は京都市の西部に位置する西京区のなかでも

新興住宅街として人口が増加している地域です。

この西京区は1976年に右京区から分区し、

山科区とともに京都市では最も新しい区の一つです。

また、洛西口駅も2003年(平成15年)に

東向日駅と桂駅間に設置された新しい駅です。

元々、終戦直後この辺りには物集女(もずめ)駅が設置されたが、

軍需工場の最寄り駅として新設されたため、開業時には

終戦を迎えていてわずか2年で廃止されたようです。

近年桂駅周辺の道路事情が悪かったことや地域の再開発がすすみ、

再び洛西口駅が開業されました。

開業時の1日あたりの乗降客数はおよそ6000人だったのが、

最近の統計では13000人ほどに増え賑わいを増しています。

このため、地元の商業の発展が

人口増加に追い付かない状況下にあるため

阪急電鉄と京都市は連携しこの地区の商業開発を進めていました。

阪急電鉄の鉄道駅とまちづくり

第3期エリアには関西初出店の「シェアデパートメント」、

音楽・カルチャー教室、貸しスタジオの「JEUGIAフォーラム」、

卓球スクール・卓球コートのレンタル「COMFY  ARENA」、

ランニング専門のジム・ランニンググッズ販売の「トレイルフェストプラス」、

体操教室の「ファイブM」などサービス関係の5店舗が入ります。

これにより、第1期の飲食・物販を中心とした12店舗、

スーパー「フレスコ」など3店舗が入る第2期エリアの3店舗を合わせ

20店舗が営業する商業施設となります。

この記事を書いた人
トラッド専務・社長の夫 充男 トラッドセンム・シャチョウノオット ミツオ
トラッド専務・社長の夫 充男
やるべきかやらざるべきか、大きな事案で本当に迷ったときは後悔しないように前向きな方向で進めています。正直なところ、これまで人生をやり直したいと思ったことが幾度かありました。だからこそ、今はそう思うことのないよう常に前向きに心がけています。営業エリアは京都市北部をメインにしていますが、京都以外の田舎の家の売買・賃貸・管理についてもご相談をお受けいたします。昭和の時代より不動産業界に携わっています。経験だけが全てではありませんが、業界歴30余年間に身につけた知恵・知識を活用出来ればと思います。
store

会社概要

株式会社 ミチテラス
arrow_upward