9:00~18:00
毎週水曜日 第2第4木曜日
2021年01月26日
不動産賃貸管理

先日の寒波で給湯器が凍結しお湯が出なかった 北大路駅不動産のミチテラス

何年振りかの寒波が襲来し、

京都市内でもうっすらと積雪のあった先日

拙宅でも給湯器の配管内の水が凍結したようでお湯が出ません。

真冬でも風呂は朝に入る主義の私ですが

このときばかりは朝は寒すぎると思い、前日に入って事なきを得ました。

京都では今出川通より上(北)は気候が変わる

京都市中京区中心部で-4℃だったとのことですので、

私の住む京都市北区は市街地としてはさらに北部にあたり

-5度以下だったかもしれません。

京都では、今出川通より上(北)は気候が変わると言いますが、

住まいは今出川通より、さらに北の北大路通の北になります。

以前は数年だけ、さらにそれより北の北山通の北側、

上賀茂神社の近くに住んでましたが、

辺りのスグキ畑など、年に何度も雪景色になっていました。

実際、市バスに乗ると北区では雪化粧していても

下京区辺りではその雪さえ見かけないこともあります。

当日の朝はかなり寒かったものと思われ、給湯器が凍結していました。

ただ、給湯器本体は内部にヒーターが装備し

「凍結対策」がされているため、多分実際のトラブルは給水管か給湯管です。

外部のむきだしになっている配管にお湯をかけようとも考えたのですが

特に急いでお湯が必要なわけでもなく、

昼くらいには自然解凍でお湯は出るだろうと

何もしなかったのが幸いで、

昼には普通にお湯が出るようになりました。

給湯器などの機能に詳しい方は前日にご自分で

対策をしておくのも良いと思います。

ただ、私の場合あまり自身もなく

ヘタに触って故障したら高いものにつくため

自然解凍を選びました。

やってはいけない凍結対処法としては、

・凍結した配管や部品等に熱湯をかけて解凍する。

 何となく良いのではないかとも感じますが、配管の破損のおそれがあります。

・ぬるま湯をかけてそのまま放置する。

 配管にかけたぬるま湯が再凍結のおそれがあるため、必ず拭き取ること

今週金曜日あたりから、また寒くなりそうですのでお気をつけください。

この記事を書いた人
トラッド専務・社長の夫 充男 トラッドセンム・シャチョウノオット ミツオ
トラッド専務・社長の夫 充男
やるべきかやらざるべきか、大きな事案で本当に迷ったときは後悔しないように前向きな方向で進めています。正直なところ、これまで人生をやり直したいと思ったことが幾度かありました。だからこそ、今はそう思うことのないよう常に前向きに心がけています。営業エリアは京都市北部をメインにしていますが、京都以外の田舎の家の売買・賃貸・管理についてもご相談をお受けいたします。昭和の時代より不動産業界に携わっています。経験だけが全てではありませんが、業界歴30余年間に身につけた知恵・知識を活用出来ればと思います。
store

会社概要

株式会社 ミチテラス
arrow_upward