9:00~18:00
毎週水曜日 第2第4木曜日
2021年02月05日
トラッド専務のブログ

そうか、あれが日本一長い信号だったのか!北大路駅不動産のミチテラス

以前、滋賀の長浜から福井・敦賀にドライブ中、

物凄く赤信号の時間が長い道路信号機に出くわしたことがあります。

何も予備知識がなかったので、時間を計ったわけではないのですが、

とりあえず信号機が故障してるのでないかと思うくらい長かった。

信号が変わるのに時間がかかるのは理由がある

関西人でなくてもこんな信号に出会ったら苛立ってくるのではないかと思います。

しかも場所はそれ程交通量の多くない滋賀県から福井県にまたがる県道140号線。

赤信号で停止し、前に1台車が止まっていましたが、

信号は赤のままいっこうに青に変わることはありません。

どうやらトンネルの幅が狭くて車の離合が難しく、

トンネル内は一方通行になっているようです。

それにしても一応は県道なのに

なぜこんなに狭いトンネルを作ったのかと思いながら、

信号が変わるのを待っていました。

現在なら道路工事などの現場でよく見かける信号のように

青に変わる時間を現す時刻板もなかったように思います。

やっと、信号が変わりトンネルを走っているうちに

何故信号が変わる時間が長いのかわかりました。

道幅は狭いが長さは1352mと通過に時間がかかります

このトンネル名は「柳ヶ瀬トンネル」と言います。

トンネル内の道幅が狭いので

それ程長いトンネルではないだろうと思っていたのですが、

ところがどっこい、信号待ちの無駄な時間を取り戻そうと、

スピードを出して走ろうと思ってましたが、

道幅が狭く前の車もそれ程スピードを出すことなく走っています。

それだけではなく思っていたよりずっと長いトンネルで、

上下線双方の車を無事通過させるためには、

かなりの時間が必要になることが理解できました。

後日トンネルの長さを知らべると1352mとのことです。

旧鉄道のトンネルは青信号が表示されるまで6分30秒

でも、なぜこのような片側通行しかできない狭くて長いトンネルができたのか、

それにはこのトンネルが生まれた歴史があります。

この柳ヶ瀬トンネルを含む区間は、元々、北陸本線の旧線だったのが、

1957年(昭和32年)現在の北陸本線の新線にとって変えられ、

トンネルは国鉄(JR)バスの専用道路に変わり

やがて一般公開され県道として現在に至っているとのことです。

つまり単線のトンネルとして作られ、汽車が通ることさえできればよかったわけです。

さらに驚いたことには、青信号待ちは6分30秒ですが、

この青信号が表示されている時間は

時間帯により異なりますが14秒から30秒とのことです。

信号待ちしてる車が多い場合に2回信号を待たないといけないときなど、

13分の信号待ちになる可能性がありますね。

私も関西の人間なのでとてもそれ程待つ心の余裕がなく

多分2度とあのトンネルを走ることはないでしょう。

この記事を書いた人
トラッド専務・社長の夫 充男 トラッドセンム・シャチョウノオット ミツオ
トラッド専務・社長の夫 充男
やるべきかやらざるべきか、大きな事案で本当に迷ったときは後悔しないように前向きな方向で進めています。正直なところ、これまで人生をやり直したいと思ったことが幾度かありました。だからこそ、今はそう思うことのないよう常に前向きに心がけています。営業エリアは京都市北部をメインにしていますが、京都以外の田舎の家の売買・賃貸・管理についてもご相談をお受けいたします。昭和の時代より不動産業界に携わっています。経験だけが全てではありませんが、業界歴30余年間に身につけた知恵・知識を活用出来ればと思います。
store

会社概要

株式会社 ミチテラス
arrow_upward