9:00~18:00
毎週水曜日 第2第4木曜日
2021年02月13日
大家さん向け情報

大家さん!空室が多くても満室御礼になる方法はある筈です 北大路駅不動産のミチテラス

借り手市場の現在、退去した部屋の清掃だけして

入居者募集を行っても簡単に次の借主は現れません。

これまでは地の利を得て常に満室御礼だったアパートも、

やがては栄枯衰退。

借主にとって魅力のない住宅は敬遠されます。

空室対策や退去防止対策を考えよう

退去があった部屋には原状回復工事を行いながら

入居者募集を行う空室対策をとりますが、

入居繁忙期などは逆に空き物件も多く競合します。

チャンスを逃すと次の入居まで空室期間が長引くということがあります。

また、小さなアパートでは空室の部屋が1戸、2戸と増えてくると、

他の入居者も不安に思うのか退去を考える人たちを現実に見かけました。

そうなると大家さんには大打撃で、

これからの補修費用や原状回復費用にまで影響してきます。

そのようなことにならないよう、

積極的な空室対策や入居者の退去を防ぐ退去防止対策を心がけましょう。

入居者のターゲットを絞り、それ以外でもOKな住宅へ

同じアパートやマンションに住んでる人たちでも、

入居者情報を見てみると共通している点があります。

近所の工業団地に勤務している人が多いとか、高齢の入居者が多い、

入居者が女性ばかりとか特色があります。

ターゲットを絞るとそれだけ入居者を絞ることになりますが、

結果的にはそのための物件の長所を活かしたり

部屋作りをしていることが多くあります。

なおかつ、該当しない人でも問題なければ入居可能にしましょう。

あっ!女性限定のマンションに男性入居はダメですよ。

室内清掃と共用部の清掃を、事前にチェックしましょう

仲介客付け業者から内覧したいとの連絡があったら、

必ず室内と共用部の状態を事前に確認しましょう。

以前のブログでも発信しましたが、

共用部の清掃は入居希望者にとっては第一印象にあたりますので

特にエントランスや通路・階段周りEV内にゴミや汚れがないか、

ゴミ置き場が荒らされていないか、

駐輪場が整頓されているかチェックしましょう。

当然室内の整理・整頓はそれ以上に大切で、

玄関のスリッパなど雑然と置いてるのではなく

安価なもので良いのでスリッパラックで整理しましょう。

また、室内にはお洒落な観葉植物を置くと

部屋を引き立たせる効果もあるのではないでしょうか。

入居希望者でその観葉植物が気に入った方には、

残置物という形で無償提供すると喜ばれるかもね。

それ以外でも大切なことは窓を開け空気の流通を行い

水道排水管からの臭いをシャットアウトしてください。

引越しは他の費用もかかるため、初期費用を抑えること

「引越し貧乏」といわれるくらい、

引越しを重ねるとなかなか貯蓄ができないようですが、当たらずとも遠からずで

少し入居者の立場も考えてみましょう。

入居者は内心でどのくらいの費用がかかるのか不安に思ってる面が多いです。

家賃を下げての入居募集は他の入居者の目に入ることもあり、

今後の収入が減ることにつながるので最後の策になります。

ただ、周辺の同等な物件の賃料相場を調べ高い場合は改善策も必要ですが、

それよりも初期費用に大きく影響する敷金・礼金の値下げ

または廃止によることが、大きく初期費用を減らすことにつながります。

一時的な減額と長期間の収入ゼロを比較して検討してみましょう。

入居者のターゲットに合わせた人気設備の導入を

最近はインターネット設備や無料Wi-Fiなどが

必然的になってる物件が増えましたが、

高齢者用住宅でそれを前面的に打ち出しても

「なんだかなぁ〜」と、思ったりします。

入居者のターゲットを絞った場合、

そのターゲットの相手が必要とする設備が必要になります。

高齢者用住宅なら要所に手摺りをつけ段差の少ない部屋造り、

共働きの多い家庭を多く持つ住宅なら宅配ボックスを設置するなど、

入居者に合わせた設備を導入することが必要です。

また、古くなってきた物件で多大な費用をかけ

リノベーションをすることも大切ですが、

大きな金額になりますので、家賃倍率リフォーム利回りを計算の上検討しましょう。

この記事を書いた人
トラッド専務・社長の夫 充男 トラッドセンム・シャチョウノオット ミツオ
トラッド専務・社長の夫 充男
やるべきかやらざるべきか、大きな事案で本当に迷ったときは後悔しないように前向きな方向で進めています。正直なところ、これまで人生をやり直したいと思ったことが幾度かありました。だからこそ、今はそう思うことのないよう常に前向きに心がけています。営業エリアは京都市北部をメインにしていますが、京都以外の田舎の家の売買・賃貸・管理についてもご相談をお受けいたします。昭和の時代より不動産業界に携わっています。経験だけが全てではありませんが、業界歴30余年間に身につけた知恵・知識を活用出来ればと思います。
store

会社概要

株式会社 ミチテラス
arrow_upward