9:00~18:00
毎週水曜日 第2第4木曜日
2021年03月18日
不動産賃貸管理

賃借人退去後、鍵は新品に交換しましょう!

防犯対策として一番大切なことは部屋の鍵でしょう。

賃借人が退去時点で入居時に預けた鍵を返却してもらいますが、

控えていた番号と違った鍵を返されたり、

3本渡していたものが2本しか返却されないときもあるので

必ず新しい鍵に交換しましょう。

鍵の交換を怠ると貸主は損害賠償請求されることがある

退去した部屋の鍵3本が全て返却されたといっても、

キー№を控えてなくてスペアキーが作られていた場合や

鍵の交換をしなかった場合、あまり考えたくないですが

新しい賃借人が入居後に空き巣などの被害が生じることも考えられます。

貸主が鍵の交換を怠ったことにより、このような被害が生ずると、

賃借人が安全に居住できるように管理する責任を怠ったということで、

貸主が損害賠償を請求される可能性もあります。

また、以前退去した後の部屋の鍵を使い回ししている貸主もいますが、

あまり感心できることではなく、

できれば新しいものにすることをお勧めします。

特に数室しかないアパートの場合、そのあたりの事情を知っている関係者が

いるかもしれませんので、十分気をつけていただきたいと思います。

ただ、鍵の交換義務については決して貸主だけが負うものではありません。

そのため、賃借人は入居前にその部屋の鍵が新しい鍵に交換されたかどうかを

貸主または不動産仲介会社に確認しておきましょう。

もし、どうしてもその鍵が空き巣狙いなどに開けられやすそうなものだったり

環境など防犯面で不安があるようでしたら、

その旨を貸主に伝え、当然費用は自己負担となるが相談し

防犯上納得のいく新生活を始めましょう。

では、鍵の交換費用は誰が支払うのでしょうか

ただ、鍵の交換義務については決して貸主によるものではありません。

入居前に貸主の費用で交換する場合もありますが、

鍵の交換費用を賃借人が負担するという特約を契約書に記載し、

新しい賃借人が了解している場合有効となります。

契約時には必ず特約に記載し、その旨の説明をし了解してもらうこと、

また、退去時に敷金からその費用を差し引くことも可能ですが、

退去するのが10年先のことでしたら覚えている方も少ないと思いますので、

賃借人は賃貸借契約書を紛失しないよう保管しておいてください。

また、鍵を交換する際は必ず原状回復工事や

リフォーム工事が終了した後に行いましょう。

これは、新しく鍵を交換したのに空き巣が現れたということのないよう、

逆に言えば工事をした職人さんがあらぬ疑いをかけられたということのないよう、

貸主の責任として行ってください。

この記事を書いた人
トラッド専務・社長の夫 充男 トラッドセンム・シャチョウノオット ミツオ
トラッド専務・社長の夫 充男
やるべきかやらざるべきか、大きな事案で本当に迷ったときは後悔しないように前向きな方向で進めています。正直なところ、これまで人生をやり直したいと思ったことが幾度かありました。だからこそ、今はそう思うことのないよう常に前向きに心がけています。営業エリアは京都市北部をメインにしていますが、京都以外の田舎の家の売買・賃貸・管理についてもご相談をお受けいたします。昭和の時代より不動産業界に携わっています。経験だけが全てではありませんが、業界歴30余年間に身につけた知恵・知識を活用出来ればと思います。
arrow_upward