9:00~18:00
毎週水曜日 第2第4木曜日
2021年05月02日
不動産賃貸管理

現在居住中の賃借人から畳替えや水道設備の修繕を指摘されました

20年あまり入居する戸建賃貸住宅の居住者から、

畳替えと排水管が詰まりやすいので

洗浄してほしいと相談されました。

上水道排水管は多少詰まりがみられるので、

すぐにプロに頼み高圧洗浄機を使いよくなりましたが、

畳の交換は大家さん少しだけ渋ってます。

一戸建の排水にはメンテナンスが大切です

いわゆる「修繕義務」のお話しです。

排水管の流れが悪くなると生活に支障が生じます。

入居者が市販品のパイプクリーナーで洗浄していても、

永年の間にキッチンの油分や食品カス、浴室の石けんカスや髪の毛などで、

定期的な排水管洗浄などのメンテナンスは必須事項です。

特に戸建住宅の場合はマンションと比べると排水管が横に通っていることが多く、

多少の勾配はつけてるとは言え、ヘドロ状の汚れや詰まりが蓄積されやすいといえます。

この入居者さんは清潔好きな方で、ホームセンターで販売する

軽い方の「ピーピースルー」まで使っていたようです。

それ以外にも市販の排水管ブラシを購入して清掃していました。

ただ、やはり素人の洗浄であることは否めなく、

本人は感じなくても私が室内に入ると、永年の詰まりによる臭いが感じられました。

今住んでる人たちを大切にすると、口コミで広がる入居したい物件No.1に近づくよ

畳については傷んだ箇所はなかったのですが、

永年の年月による日焼けは、美観上この入居者さんには耐えがたいものがあったようで

イ草の上敷きを購入して敷いていました。

そろそろ、この上敷きも日焼けで替えなければと思っていたが、

もう20年も住んでることだし一度大家さんに頼んでほしいとのことでした。

日当たりが良い部屋なのですが、この点についてはマイナス面になりますね。

ただ、畳本体をチェックしてみると芯材である畳床がへたっているわけでもなく、

湿気を含んだようなブヨブヨ感も一切ありません。

止まれ

やはり日当たりが良く通気性が良かったことは、

決して畳に悪い影響ばかりを与えていたのではなかったのです。

入居者さんに尋ねると、やはり畳の表替えだけを考えていたらしく、

以前聞いていた大家さんの話しによると、

畳は高級品を使い一畳あたり数万円はする高級品を仕入れたとのことです。

畳にこだわりがあったのか大まかな金額を覚えていたようです。

そんなに畳にこだわりがあるのなら、最初から交換してあげればと思いつつ、

業者に見積りを依頼すると、

大家さんが考えていた3分の1程度で修理できることになりました。

もちろん大家さんの承諾もいただき、

4DK六畳二間の和室は10日後には見違えるような部屋に蘇りました。

入居者さんもご主人の定年まではこちらに住み

その後は奥さんの実家金沢市の近くの町で生活するそうです。

予算も大家さんの喜んでいただける範囲で済み万々歳だったのですが、

管理営業でこんなスッキリいくことは、実はそんなに多くありません。

この記事を書いた人
トラッド専務・社長の夫 充男 トラッドセンム・シャチョウノオット ミツオ
トラッド専務・社長の夫 充男
やるべきかやらざるべきか、大きな事案で本当に迷ったときは後悔しないように前向きな方向で進めています。正直なところ、これまで人生をやり直したいと思ったことが幾度かありました。だからこそ、今はそう思うことのないよう常に前向きに心がけています。営業エリアは京都市北部をメインにしていますが、京都以外の田舎の家の売買・賃貸・管理についてもご相談をお受けいたします。昭和の時代より不動産業界に携わっています。経験だけが全てではありませんが、業界歴30余年間に身につけた知恵・知識を活用出来ればと思います。
arrow_upward