9:00~18:00
毎週水曜日 第2第4木曜日
2021年06月01日
トラッド専務のブログ

今日から6月、水(雨)があっても水無月とはこれ如何に⁉︎

さあ、今日から6月、和風月明では水無月と呼ばれています。

梅雨のシーズンで1年で1番雨が多いんじゃないのと、

不思議に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

でも、これ水無月の無が「の」にあたる連帯助詞「な」のため、

水の月という意味です。

こんなときだから、6月30日の夏越祓にはみんなで水無月を食べましょう

ただ、諸説あり6月は旧暦で現在の7~8月頃をさしているので、

梅雨明け後の太陽が照り付ける

雨が降らなくなった時期を指していたともいわれています。

ところで、京都では水無月という和菓子を

6月30日の夏越祓(なごしのはらえ)に、

過ぎた半年の穢れを祓い、これから来る半年の無病息災を願って食べます。

この水無月は白の外郎(ういろう)生地に小豆をのせ、

三角形に切った菓子です。

また、上部の小豆は悪魔払いの意味があり、

三角の形は暑気を払う氷を表しているとされています。

さて、この夏越祓のころには緊急事態宣言から解放されていたいですね。

何度も宣言を伸ばすと、やがてオオカミ少年(政党)と

口うるさい野党から呼ばれることは必須ですね。

それどころか、国民はええ加減うんざりしていますよ。

この記事を書いた人
トラッド専務・社長の夫 充男 トラッドセンム・シャチョウノオット ミツオ
トラッド専務・社長の夫 充男
やるべきかやらざるべきか、大きな事案で本当に迷ったときは後悔しないように前向きな方向で進めています。正直なところ、これまで人生をやり直したいと思ったことが幾度かありました。だからこそ、今はそう思うことのないよう常に前向きに心がけています。営業エリアは京都市北部をメインにしていますが、京都以外の田舎の家の売買・賃貸・管理についてもご相談をお受けいたします。昭和の時代より不動産業界に携わっています。経験だけが全てではありませんが、業界歴30余年間に身につけた知恵・知識を活用出来ればと思います。
arrow_upward