9:00~18:00
毎週水曜日 第2第4木曜日
2021年05月14日
大家さん向け情報

入居するまでおとなしかった入居者がクレーマーに豹変した!

引越し慣れをしてるクレーマーがいました。

管理会社も保証会社も承認を得て入居したものの

その人が入居後しばらくすると、お隣の方から退去通知が来ました。

今後の退去を減らす対策になるので、

いつもさりげなく退去理由を訊いていたため内容が解りました。

共同住宅ゆえ、生活するうえでお互いの騒音は出ます。

共同住宅に入居するかぎり、多少の騒音や迷惑ごとなどお互い様です。

音をたてないで生活することなどできません。

むしろ人の動きがわかることはある意味生活感を感じます。

例えば晩秋の早朝、お隣さんが落ち葉掃除のため

家の前の道を掃き掃除する音で目覚めたことはありませんか。

あれを騒音と感じる方もいますが、

私などはこれから来る季節の風物詩にさえ感じられ、心地よく目覚めます。

また、若かりし頃奥さんが先に起き朝食用の味噌汁に入れる具材を刻む音

これなど騒音ではなく、心地良い目覚まし音のようで、

まぎれもなく生活に必要なリズム音です。

そういうことを知らずに育ったのか、他人を排除しようとしているのか、

自分の感覚だけで他人が発生する音を全て拒絶する、

そして、そんな自分が正しいと思っている人が実際にいるのです。

退去された方には気の毒だったのですが、

既に次の引越し先も決めているとのことで

これで、その人と関わりがなくなるので良かったと笑顔で答えてくれたのが

せめてもの救いでした。

私どもにそんな気配を感じとれなかったのは、ちょっと残念でした。

入居者の皆さんは、トラブルの際には管理会社に届けていただければと思います。

個人情報保護法は諸刃の剣にならないか?

後から耳に入ったのですがこのトラブルメーカーさんは

今まで住んでたところでも、いくつかトラブルを起こしていました。

具体的な内容は避けますが、その管理会社も困っていたようです。

でも、個人情報保護厳守のためどちらの管理会社も

一切過去の経緯はお話ししてくれませんし、勿論私どもも同様です。

今回の場合、自分の玄関前がゴミ出し場になっていることが不満で

他の入居者にゴミ出しの場所や時間帯についてクレームを入れ

関係のない自転車置き場のことまで口を挿んでいたようです。

特に今回退去することになったお隣さんには生活音についても苦情を言い、

静かに暮らしてる他の入居者さんにも波紋が起きました。

こんな人の考えがそのマンションの規則になったら大変です。

速攻で大家さんに報告し、退去手続きのための厳重注意をして

多少時間がかかりましたが、無事退去していただきました。

最初に部屋を探しに訪れた際、

今までの住まいの退去理由を訊いてはいるのですが、

都合の悪い人は本当の理由など言ってはくれませんね。

ただ、よく聞くと辻褄の合わないこともあります。

個人情報保護法は人の良いことも悪いことも、全て包んで隠してくれます。

そのために不幸な目に合う人がいることだって結構あるような気がいたします。

この記事を書いた人
トラッド専務・社長の夫 充男 トラッドセンム・シャチョウノオット ミツオ
トラッド専務・社長の夫 充男
やるべきかやらざるべきか、大きな事案で本当に迷ったときは後悔しないように前向きな方向で進めています。正直なところ、これまで人生をやり直したいと思ったことが幾度かありました。だからこそ、今はそう思うことのないよう常に前向きに心がけています。営業エリアは京都市北部をメインにしていますが、京都以外の田舎の家の売買・賃貸・管理についてもご相談をお受けいたします。昭和の時代より不動産業界に携わっています。経験だけが全てではありませんが、業界歴30余年間に身につけた知恵・知識を活用出来ればと思います。
arrow_upward