9:00~18:00
毎週水曜日 第2第4木曜日
2019年09月22日
大家さん向け情報

空室対策のためには入居者の条件を見直そう。京都市北区北大路駅 不動産のミチテラス

いつも思うのですが、単身者用のアパートやマンションの

物件を探しているときに、その方の属性特に年齢を訊かれます。

管理会社としても、大家さんから高齢者は駄目と

厳重に言われている場合もあるでしょう。

でも、そればかりではなく、管理会社や担当者が決めていることもあります。

少子高齢化による現在新しく賃貸住宅が増えると、

年ごとに古くなる住宅は益々空室になる可能性が増えていきます。

京都市でも高齢を理由に入居を拒まない賃貸住宅をサポートしています。

確かに高齢者が病気や事故により室内で亡くなることや、

火の不始末予防のために断るケースはあると思います。

でも、病気になれば入院したり、以前と比べると

福祉協議会や地域の包括支援センターからのヘルプもあり、

調理はガスを止め電気にするとか色々方法は考えられます。

時代は変化していきます。

和室の部屋でリフォームもそれほどしていなければ、

若い人たちは少しくらい高い家賃でも満足する部屋を選ぶことでしょう。

そして、入居繁忙期のシーズンに入居が決まらないと、

一年間空室のままということが考えられるわけです。

実際若い層の住む住宅と比べ高齢者の多い住宅では

管理自体も気を使って大変なことも多いことでしょう。

ただ、地域と繋がりを持ちながら貢献して行くことも大切ですね。

京都市では高齢であることを理由に入居を拒まない賃貸住宅である、

「京都市すこやか住宅ネット」(京都市居住支援協議会)を設立し、

官民協働で住宅と福祉の両面から

高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らせる住まいの

確保に向けた取り組みを進めています。

微力ながらも当社でも協力店として登録し、高齢者の住まい探しを応援しています。

この記事を書いた人
トラッド専務・社長の夫 充男 トラッドセンム・シャチョウノオット ミツオ
トラッド専務・社長の夫 充男
やるべきかやらざるべきか、大きな事案で本当に迷ったときは後悔しないように前向きな方向で進めています。正直なところ、これまで人生をやり直したいと思ったことが幾度かありました。だからこそ、今はそう思うことのないよう常に前向きに心がけています。営業エリアは京都市北部をメインにしていますが、京都以外の田舎の家の売買・賃貸・管理についてもご相談をお受けいたします。昭和の時代より不動産業界に携わっています。経験だけが全てではありませんが、業界歴30余年間に身につけた知恵・知識を活用出来ればと思います。
arrow_upward