9:00~18:00
毎週水曜日 第2第4木曜日
2019年09月26日
暮らしに役立つ不動産情報

賃貸住宅を探していた借主さん。無理な条件が多く借りられる住宅が無くて困ってた。 京都市北区北大路駅 不動産のミチテラス

その女性(以下Aさんと言います)は少し寂しそうに当社に来られました。

娘さんと一緒に住める家を探してるが戸建貸家を希望しているとのことでした。

話をお聞きすると、当社に来られる前に他の不動産会社に行ったが

断られたそうです。

でも、それはしょうがないことだったのです。


ネコの多頭飼いでは賃貸住宅は見つからない

ペット可能な戸建住宅は、貸す大家さんの判断によりますが、

探して無くはありません。

但しこの場合、家賃が通常よりアップされることが多いです。

マンションやアパートでは、同じ建物に居住する方の迷惑にならないよう

ペット可能物件は少ないですね。

Aさんはペットを飼っていました。

それも猫…多頭飼いでした。

これが理由で他の大手仲介業者さんも断ったのだと思います。

女性客には女性が担当するのが当社規定なので、

この件は当初より当社社長が担当していましたが、

この条件で賃貸住宅を探しても徒労に終わることをAさんに伝え、

安くても人に気兼ねなく住める家を持ったらどうかと、さりげなく提案しました。

その時のAさんは、本当に私でも家を持てるのかと夢を持ち始め

真剣に考えていただけるようになり ました。

そうとなったら当社社長の持ち前のお節介焼きもあり、

また、休日が当社とAさんが同じ曜日だったこともあり、

これより一ヶ月余り休みもとらず物件を探し、下見してから案内し続けました。

そして、どうにか気に入った物件が見つかりましたが、

事前に代理店に報告し当物件についてお墨付きを貰っていた、

フラット35の融資が、直前でアウトになりました。

原因は売主さん側で減築した際に登記がなされていず、

フラット35の融資基準である住宅の床面積が70㎡に満たなかったのです。

当社ではフラット35での融資条件をつけていましたが、

最終的におつきあいのある信用金庫さんにお願いし、

決済日までに減築登記をすることを条件に取引を完了することが出来ました。

Aさんも退去通知を出していたため、

期限が迫っていましたがどうにか間に合いました。

所有物件と言えどもご近所とのお付き合いもあるため、

今後は徐々に多頭飼いを減らすことや外に出さないことをアドバイス致しましたが、

Aさんは心の優しい方で素直に笑顔で頷かれてました。

賃貸でも売買でも取引終了して終わりではなくそこからが始まりです

決済日が近づいて来たある日、

Aさんから今まで住んでいた家を見て欲しいとの申し出がありました。

理由は猫による室内の被害をどうしたら良いか迷っておられました。

元々貸主さんとはお知り合いだったようで、

自由に使って良いよとのことで、ペットに関しても黙認だったようです。

今年で入居時から20年が経っていて、

指摘されそうな殆どの汚れ等は経年劣化で済むであろうとは思っていましたが、

猫による被害は凄まじいものでした。

当初の契約時に不動産業者が入っていたのかはよく解りませんが、

途中から更新時には貸主さん側の管理会社が入って更新契約をしていたようです。

退去時の室内立会いの際も同席致しました。

管理会社がリフォーム業者を連れ原状復帰の積算をしている間に、

相続後の現在の所有者さんから、借主さん側から見た現況について

屈託ない意見を聞かせてほしいとのことでした。

私としても、これまで大家さん側の立場に立って

意見を述べる立場でしかなかったのですが、今回だけは借主さんの立場になりました。

これまで20年あまり住み続け、

滞納もなく2年ごとの更新料も支払った総額は、優に家一戸買える金額であること、

現在の国交省の退去時マニュアルから検討しても、

既に支払った賃料総額で賄える範疇ではないかとの意見を伝えました。

管理会社は不満だったようですが、

この度の大家さんは人の意見をよく聞かれ尊重される姿勢をお持ちでした。

後日連絡があり、結果的に私の意見を受け入れていただくことが出来ました。

当然、通常の業務の際には大家さんの立場で主張しますが、良い経験でした。

Aさんからも感謝され、その後も不定期に当社社長に近況の連絡があります。

store

会社概要

株式会社 ミチテラス
arrow_upward