9:00~18:00
毎週水曜日 第2第4木曜日
2019年07月11日
ブログ

観葉植物 を見るとフレッシュ&リラックス効果があります

グリーンインテリアとして

室内やオフィスに観葉植物を入れることが多くなりましたね。

部屋で飾るだけなら窓辺に置き水遣りに気をつければ

きっと心を癒してくれると思います。

でも、部屋いっぱいになり通路・階段・ベランダに置くのは

法律違反になるので気をつけましょう。

マンション・アパートでの共有部分には個人所有物は置けません!

美容室やカフェなどでは、インテリアや癒し効果として

おしゃれな観葉植物をよく見かけますね。

当社でもフィカスウンベラータやボトルツリー、

オリーブ、クワズイモ、ストレリチアレギネなどを置き、

僅かですがグリーンインテリアのある環境を楽しんでいます。

ただ、管理も大変で特に夏場などは水遣りを定期的に行わないと

元気がなくなり注意が必要です。

私の場合、予算の関係で小さめの鉢物を買い

大きく育てることを楽しみにしています。

そうやって育てたウンベラータは今や2mを超え、

もしかして天井まで届くかも・・・。

レギネは株が成長し上手く育てると「極楽鳥花」と呼ばれる

華やかな花を咲かせるそうですが、まだまだ先のようです。

ところで、マンションやアパートなど共同住宅の

通路部分や敷地内の建物周りで花などの植物を育てている方を

見かけますが、これはNGです。

他の入居者に迷惑がかかりますし、緊急事態の際は人命に関わることさえあります。

では、ベランダではどうなのでしょうか・・・。

こちらも共用部分にあたりますので、基本NGです。

但し、そのベランダに接している居住者には専用使用権というものがあり、

専有部分に準じた使用ができます。

とは言っても消防法では緊急避難通路を兼ねていますので、

入居者の方はお互いのために避難通路を確保するよう

節度を持って利用することが必要です。

この記事を書いた人
トラッド専務・社長の夫 充男 トラッドセンム・シャチョウノオット ミツオ
トラッド専務・社長の夫 充男
やるべきかやらざるべきか、大きな事案で本当に迷ったときは後悔しないように前向きな方向で進めています。正直なところ、これまで人生をやり直したいと思ったことが幾度かありました。だからこそ、今はそう思うことのないよう常に前向きに心がけています。営業エリアは京都市北部をメインにしていますが、京都以外の田舎の家の売買・賃貸・管理についてもご相談をお受けいたします。昭和の時代より不動産業界に携わっています。経験だけが全てではありませんが、業界歴30余年間に身につけた知恵・知識を活用出来ればと思います。
arrow_upward